Home | ArchiveList | Category | About

お知らせ

(2017/04/30) ページナビなどを改修。
(2017/03/12) ニンテンドースイッチを購入の記事を分割、追記。
(2016/12/11) PSストアへ問い合わせに追記。
1 2 3 4... > >>
Xenoblade2 (ゼノブレイド2)
Xenoblade2 (ゼノブレイド2)

任天堂
Nintendo Switch
2017-12-01



あのゼノブレイド(感想)の続編ということで気にならないわけはなかったんですが、ゼノブレイドクロス(感想1感想2)があまり期待した方向のゲームではなかったので、正直本作は面白いかどうか不安がありました。クロスの時は初日から出てたDLCが、なんか切り売りしてるっぽい印象もあって、購入しなかったくらいです。

しかし敢えて事前情報なしで、公式動画などすら見ないで、そのくせ有給とって発売日の朝から遊んでみたところ、冒頭の2時間ほどを遊んだだけで「これはもう面白いの間違いないから!」と期待のあまりDLCも即購入してしまいました。



ストーリーの節目が1話ごと区切られていてわかりやすく、ちゃんとそれぞれで見せ場を用意しており、キャラクターやイベントが神がかってましたね。クロスはいろいろな事情でアツいストーリーという方向の展開じゃなかったため心配だったんですが、本作はこの先も絶対に面白いはずだ、という期待を常に持たせてくれており、最後までその熱量には裏切られませんでした。声優さん達の熱演も素晴らしかったです。

オープンワールドではないんですが、各エリアである広い大地をシームレスに移動でき、移動中にそのまま敵と戦うことになるので、冒険しているという感覚が出てきて前作同様に面白いです。エリアを移動する時だけロード時間がはいりますが、ブレスオブザワイルドに比べるとかなり短いのもいいですね。スキップトラベルもすぐに出来るし、かなり快適です。ブレスオブザワイルドが現実の地球の美麗な風景なのに対し、本作は地球上だとお目にかかれないような幻想的な風景になっていて、未知の世界を旅している感覚が強く感じられます。

前作を遊ばずに本作からいきなり遊んでも、ストーリー的には問題ないと思いますので、シリーズ未経験者の方にも是非遊んでいただきたい逸品ですけれど、手放しに他人に勧められるかというと、そうでもないんですよね。

作りが荒いと感じる点も多々あり、減点方式だと低スコアになってしまうタイプの作品ではないでしょうか。とはいえ長所が圧倒的に素晴らしいので、短所に思えるところを凌駕していると感じられれば、十分に楽しめるかと思います。購入を悩んでいる人向けに、ネタバレにならないシステム的な部分での感想から書いておきます。


水上悟志氏といえば、ほんわかした雰囲気とアツい展開をあわせもった、独特の世界観が魅力な作品を多く生み出している方かと思いますが、今回の短編集もいい出来でした。

全5編が収録されていて、最初の4編はいい意味でゆる〜い雰囲気で、読んでてかなり和ませていただき、相変わらず完成度が高いんですけれど、圧巻なのが最後に収録されている74ぺージに渡る『虚無をゆく』ですね。

一言でいうとSFなんですけれど、74ページなのに長編ものを読み終えたような充実感があるんですよ。導入部はゆるいようでいて、すぐに独特の設定が効果的に示され、どうなることかとページを捲っていくと壮大な幕切れが待っていて、ほんと凄い。ここまで重厚なのに読みやすく、SFが苦手な人でも気軽に読めるので、取り敢えず全人類に読んでもらいたい傑作です。

長編作品もどれも面白いですが、短編の切れ味がさすがすぎるので、次の短編集を気長に待っています。
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年も抱負の棚卸し、いってみます。
2017年に新刊が発売されて、もっと知られて欲しいなーというマンガを優先的に紹介してみます。


今年遊んだゲームといえば、これは外せないですね。発売前にDLC発表された時は「内容薄いのでは」と危惧する声もありましたが、完全に杞憂でした。DLC無しでもとんでもないボリュームの素晴らしい世界が待っています。もはやこれはゲームというより、体験と言ってしまっていいレベルではないでしょうか。


いやー、これは本当に凄かったです。アドベンチャーゲーム好きなら、絶対に遊んでおくべき逸品でしょう。スキップや分岐図も充実していて、遊びやすさもバッチリです。人が死ぬので結構残酷描写はありますが、画像では直接見せてないですし、そこら辺を調整する設定までついてるので、よほど苦手じゃなければ楽しめることでしょう。

三千円なのでそこまでボリューム無いかと思ってたんですが、フルパッケージ作品にもひけを取らない大ボリュームでしたし、そして何よりも衝撃的な内容が凄かったです。人狼ゲームをうまくゲームとして昇華させていて、疑心暗鬼な緊張感あふれる雰囲気の中、どうやって生き延びていくのかともがくうちに、ずっぽりとこの世界の虜になっていることでしょう。

うっかり時間が無い時に遊ぶと、先が気になって睡眠時間削ってまで遊んでしまう危険が高いので、事前に遊ぶ時間を確保してから手を出したほうがいいかと思います。
ライフ イズ ストレンジ - PS4
ライフ イズ ストレンジ - PS4

スクウェア・エニックス
PlayStation 4
2016-03-03



PS4版へのリンク貼っておいてなんですが、自分はSteam版でクリアしました。かなり安いですし、日本語パック(無料)を適用すれば、音声含めて日本語化されるうえに、日本語字幕・ボイスの選択もできて、バッチリ遊べます。

最近はiOS版も出ててお試しプレイも出来るので、自分にあうか確かめてみても良さそうですが、まだ全エピソード配信されてないので、待ちきれない人はPS4版かSteam版がいいかと思います。
哭声/コクソン [Blu-ray]
哭声/コクソン [Blu-ray]

キングレコード
Blu-ray
2017-07-21



予告編すら見ないで「なんかヤバそうな韓国映画だけど『殺人の追憶』みたいなミステリーかな?」くらいの心境でKBCシネマに到着したら、まさかの156分もの上映時間にビビりました。確かに上映時間は長かったんですが、最後まで一瞬たりともだれずに見れて面白かったです。

やっぱり韓国映画はパワーがすごいですね。国家間のギスギス感はあるんだけど、ほんといい映画を作り出せる土壌や、それを味わう観客がいるからこそ、ここまでこれるのかな、と羨ましい気分になりました。韓国では700万人が鑑賞し、映画祭では韓国俳優ではなく國村隼氏に複数の賞(観客投票もあり)を与えているわけで、韓国映画市場は色々と凄いですね。

てっきりR15指定くらいはいってるかと思ったら、まさかの全年齢指定だったのは驚きました。確かに思い返してみれば、おどろおどろしくはあったけど、グロ描写は思ってたより控えめでしたしね。逆に言えばグロ描写に頼らなくても、あそこまでの緊迫感出せるんだなぁ、と。詳しくは述べませんが、とある日本人俳優の存在感が凄いので、何も知らずに見てもらいたいです。



とてつもない存在感がある作品なので、何も知らずに飛び込んで、翻弄してもらいたいです。
スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ

任天堂
Nintendo Switch
2017-10-27



マリオ新作の発売日は国民の祝日と言っても過言ではありませんから、有給使って朝から遊び始めました。


一言でいうと「とにかく楽しい!」に尽きます。3D箱庭系マリオの総決算という感じで、あらゆる点で遊びやすくなってますね。残機の概念がなくなり、死んでもコインが10枚減るだけで続きが遊べるから、かなりスピーディーにストレスなく遊べてしまいます。
【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スクウェア・エニックス
PlayStation 4
2017-07-29



最初はドット絵が好きだから3DS版にしようかな、と思ってたんですが最近は老眼になってしまって、3DSLLであっても画面が小さく感じて遊びづらいという事情があってPS4版を買いましたが、個人的には大正解でした。
1 2 3 4... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM