Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > Page.215
<< <... 212 213 214 215 216 217 218... > >>
新PCとキャプチャボード(カノープス社のMTV2000)が届きました。PCIスロットに差し込んだりインストールしてみて、さっそく動作テスト。

……いくら機械的に動作テストしてみたからといって、最初にキャプチャしたのが北朝鮮の元女スパイのインタビューってどうなんでしょうか。


俺の至った結論。シレン2の最大の敵は行商人。最強ではなく、最大ってところがポイントです。さて、その行商人とは?

ダンジョン内にタダで落ちてるアイテムを勝手に拾い捲り、それを高値で売りつけてくるというとんでもない泥棒野郎であります。

しかもアイテム拾った後に茶色の割引券をアイテムの名残として置いていきやがります。割引券は行商人から盗品アイテム買うときに割り引きになる、というありがたいようなありがたくないような、つーか単なるイヤミとしか思えないブツなのであります。



よって、アイテム探してたら割引券ばっか落ちてたりしてた日には、この上ない虚脱感が。殺そうと思ったら少し殴ったくらいじゃ死なないし。だから普通は諦めてしまうわけですが。なんですが。

合成の壷があったんで、こまめに育ててきた風魔の盾+30を更に合成。そして通路の角から少しだけ下がって、壁に向って壷を投げました。そして壷から出てきた盾を取りに行こうと通路を進むと。

一枚の割引券が。

ねんがんのふうまのたてをてにいれたぞー。

 そう かんけいないね
→ころしてでもうばいとる。
 ゆずってくれたのむ。


まず弓矢で打って広い部屋におびき寄せ!
火炎の巻物を読み部屋中を火柱にし!
行商人が行動しようとするたびバーベキュー!
さらにドラゴン草を飲みまくって地獄の業火責めだっ!

ラスボスでさえここまで徹底しないってくらいの攻撃っぷりのかいあって、割とすぐ死にました。風魔の盾+30、カムバック!

と思ったら、ヤツの死体から盾は出ず、辺り一面に何十枚もの割引券が舞い上がり、火の海の中で音をたてて燃え始め、しかも泥棒扱いされ番犬が山のように。

母さん、地獄って本当にあったんだね
セッション9
セッション9

東芝デジタルフロンティア
DVD
2002-12-20



廃墟となった巨大な精神病院、そこへやってきた建築修復チームがそこに残された多重人格者のテープを発見してしまい……というストーリーを聞いただけでその不気味さがうかがえるかと。

実際に映画を見ると威圧感さえ感じさせる気味悪さです。映画を見た後であの精神病院が実在していると知り、こればっかりは映画を見る前に知っておけば恐怖が倍増したに違いない、と少し悔しい思いをしました。

建物全体の雰囲気が、昼間だと言うのに淀んだ感じで、24時間365日近寄りたくないというか誰も寄せ付けない有様です。それだけに暗闇の怖さはかなり際立ってました。一時も安心できない空間。そういう場所もあるんだ、と。

全体的にゆっくりと、じわりじわりと話が進みますが、不気味なオープニングから最後までその感覚が保持されたまま話が進むので退屈はしないでしょう。大量の血とか音量の大きすぎる効果音を使わなくても、ここまで出来るものなんですね。



さりげない演出が良く出来ていると思います。
シャドウ・オブ・ヴァンパイア [DVD]
シャドウ・オブ・ヴァンパイア [DVD]

日本ヘラルド映画(PCH)
DVD
2002-02-20



『処刑人』でのインパクトの強い演技で俺にしては珍しく名前を覚えていた俳優、ウィレム・デフォーが出演している。そういう理由で借りてみました。

言ってしまえば映画自体はそこまでのものじゃなかったんですが、吸血鬼役の演技が凄かったんで、これだけのために見ると割り切って見ればいいかと思います。

見終わった後で「そう言えばデフォーはどこにいたんだ?」と思ったんですが、なんとあの吸血鬼がそうだったらしくて絶句。

映画の撮影現場の様子の映画というちょっとしたメタ構成のため、吸血鬼を演じている吸血鬼を演じている役者、というところまで意識がいってなかったせいか、本物の吸血鬼を見ているような気分になっていました。その事実に気付いて、二度絶句。
スーパーモンキーボール2 お買い得版
スーパーモンキーボール2 お買い得版

セガ/アミューズメントヴィジョン
NINTENDO GAMECUBE
2004-03-18



ジャンルが「ボールプレイングゲーム」から「パーティーゲーム」になっててガックリ。でも楽しいので許す!

ボタンなどは使わず、アナログ操作で玉をころがすだけなので、ゲームに慣れてない方でもすぐ楽しめます。それなのに癖のあるデザインの面がてんこもりだったり、4人同時で対戦できるミニゲーム集めが熱かったり、とやりこみ度も高いのでちょっとでも気になってる方は買いでしょう。
卑語君が名刺を見せてくれました。仕事ではこれを使ってるそうです。



「……えーと。パイロンが好きなあまり1000円で買ってきて部屋に置いてる、って本当なんだね」

「パイロンはおっぱいと似てるからねぇ」

彼の自宅に行ったら、本当にパイロンが置いてありました。



じっと俺が見ていると「うちわをつけないとパイロンオタクと思われちゃうからね」とさらりと卑語くんは言うのでした。さすが、気にすべきところが違う(褒めてません)。


攻略本コーナーに違和感あるモノが並んでるなぁ。

いったい初版はいつなんだろう?

と思って手にとってみたんですが、初版が今月じゃないですか。もう少しでだまされるところでした。

伝説のクソゲー『デスクリムゾン』を作った男や、伝説のホモゲー『炎多留』を作った男のインタビューなどなど、読んでるとゲーム業界に行きたくなくなることうけあいの必読の内容がてんこもりです。
スターリングラード<DTS EDITION> [DVD]
スターリングラード [DVD]

日本ヘラルド映画(PCH)
DVD
2004-01-21



スナイパー同士の対決という図にそそられて鑑賞したのですが、これって戦争映画だったんだよなぁ、と思い知らされました。冒頭のシーンといい、直接的な激しさだけでない色々な残酷な有様といい。

戦争映画は好んで見るたちではないのですが、特に敵役のスナイパーのエド・ハリスが渋くて、清濁併せ呑みつつ最後まで存分に鑑賞できました。渋い敵役がいるとドラマが締まりますね。そういう意味で『ザ・ロック』もオススメですね。

ザ・ロック [Blu-ray]
ザ・ロック [Blu-ray]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
Blu-ray
2007-10-17



最後の最後、存在を知りつつも顔を合わせたことの無い二人が「出会う」シーン、視線と視線が交わるシーンが印象的でした。
その昔、俺がまみりんから「ダーリン」と呼ばれているのはまだ他人様には秘密だった時代。

とりあえず伏字で表現してました。

「ダ**ン」

卑語くんの目には「ダンコン」「ダップン」と見えるらしいです。

そう聞いて隠すのやめました。
食神 [DVD]
食神 [DVD]

ポニーキャニオン
DVD
2005-07-20



拳法+料理=ミスター味っ子

それはさておき。

『少林サッカー』が面白すぎたので、同監督の本作を探してみました。「ジャンル:アジア」を探しても見当たらなかったんで諦めて帰ろうとしたら、なぜか「ジャンル:ヒューマンドラマ」のところに発見! さすが『裸のランチ』をヒューマンドラマと認識してる店だけはあります。

『少林サッカー』ほどではないですけど、これまた面白かったです。『少林サッカー』の時も思ったんですが、ちゃんと伏線とか構成とかちゃんとしてるくせ、それでいて要所要所で唐突で先の読めない展開がちりばめられてて最高です。小便団子!

一番の見所が食べた後のリアクションなあたり、まさに実写版ミスター味っ子。実写版キャプテン翼 、実写版ミスター味っ子、と来たんで次は実写版Gガンダムでも期待したいところです。
<< <... 212 213 214 215 216 217 218... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM