Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > Page.224
<< <... 219 220 221 222


「タンスにサソリいるかも」
と妻に言ったら、

「メガネで毒ふせげば?」て言われた。

つまり、全身にメガネかけろ、と。
まだ感想を書いてないタイトル一覧。記事を書いた作品はタイトルを消していこうと思います。

【 あ 】
アクション大魔王
アトモスフィア
アドルフに告ぐ
あなうめくん
アフター0
雨太
雨に似ている
IWAMAL
We are
伝染るんです
海が鳴く時
永遠の野原
演神
OZ
オタクの用心棒
お父さんは心配症
同じ月を見ている
おまえが世界をこわしたいなら
親方

【 か 】
怪奇版画男
カイジ
カウンタック
かけはぎの人
課長王子外伝
銀の三角
CLOVER
Kの葬列
こいつら100%伝説
国立博物館物語
ゴールデンラッキー
殺し屋イチ
コンクリートノイズ

【 さ 】
サイコドクター
サルでも描けるまんが教室

しあわせのかたち
敷居の住人
私説昭和文学
至福千年
地雷震
十月の満月に一番近い土曜日
ジョジョの奇妙な冒険
すごいよ!マサルさん
スペースアルプス伝説
スマグラー
しゃべくり大王
ZERO

【 た 】
太陽の下で待ってる
ダンデライオン
戦え!軍人くん
ちょんまげどん
デビルマン
動物のお医者さん
ドクター秩父山

【 な 】
ナナカド町綺譚
22XX
ニューヨークニューヨーク

【 は 】
バイオレンスジャック
パイナップルアーミー
HEART 灰とダイヤモンド
バナナフィッシュ
パピヨン
はまり道
Palepoli
Parrot
HUNTER×HUNTER
羊たちは何を見た
BE FREE
百億の昼と千億の夜
ビリーバーズ
深く美しきアジア
ふたり
船を建てる
フラグメンツ
プラネテス
ブロイラーおやじFX
BET
HEAVEN
ベルエポック
編集王
BENKEI IN NEW YORK
防衛漫玉日記
暴力の都
放浪見聞録
僕らの変拍子
ぼのぼの

【 ま 】
MASTERキートン
水古風
蟲師
宗像教授伝奇考
MONSTER

【 や 】
八神君の家庭の事情
勇者への道
ヨコハマ買い出し紀行
(有)椎名百貨店

【 ら 】
ラヴァーズキス
ラジオの探偵
Ringlet
Libido
レネゲイド
このサイトについて詳しく説明します。ウンザリするほど長いですが、書いてる本人だけは楽しいです。
俺は何者なのか?

誰にも訊かれてないのに語り始めてみます。
当サイトでは現時点では Nucleus というブログツールを使用しています。他のブログツールと似たような閲覧が可能ですが、若干違いがあるかと思いますので閲覧のコツなどを列挙しておきます。
こうして見ると、ひとつのサイトへの言及とは思えない幅広さがあると思います。

というよりも自分のサイトのことを言われていると分からないことが良くあります。
俺が閲覧者の皆さんにどう思われているか。

これを見たらますますわけが分からなくなりそうな気もしますが、せっかくなので羅列してみます。
購入履歴もあるんですが数が多すぎるので、特に好きなモノを抜粋して、50音順で並べてます。

※気分次第で随時更新してます。
※必ずしも他人に勧められるモノとは限りません。
思えば20年もネットをし続け、ホームページなりブログなりを続けてきました。途中で閉鎖したりサイト名を変更して移転したり独自ドメインとったり、実生活では結婚したり転職したり息子が生まれたり、といったことがありましたが、嶽花というハンドルネームはずっと使い続けてきました。

20年という年月は想像以上に長く、昔書いたテキストはもはや他人が書いたような心境で見てしまうレベルです。とあるきっかけで、嶽中花屋というサイトで1999年10月7日(28歳の誕生日)に書いたテキストを再読してみました。文章自体の内容はすっかり忘れてましたが、これを書くきっかけとなった件だけは今でもよく覚えています。20年の間で、あれだけ怒ったことは無い。これは断言できます。

読み返す前は「若い頃だから、現在よりももっと攻撃的だったのかな」と予想してたんですが(自分が書いたのに)、実際に読んでみるとそこまでないなぁという心境です。殺意が足りない。ただ「バカにはイヤミ言っても通じないからめんどくせぇなぁ」という気持ちは感じ取れたので、やっぱり若い頃の自分が書いたんだろうな、とは思いました。

当時はCGIとか作れなかったんで文章で済ませましたけど、今の自分だったら閲覧するだけでアクセスカウンター増えるページ用意して「これ見て射精してくださいね!」て嫌味言えたなあ、と思ったりしました。でも多分そこまでやってもバカには嫌味通じないから、皮肉にならなかったかもなぁ。



もうかなり時間も過ぎて、久々に検索したら「伝説のテキスト」とか紹介が書いてあって「え、あれが?」と驚きつつ、どんな内容だったっけと読み直そうとしたらなかなか発見できずに苦労した事もあって、気まぐれで当時のファイルをそのままアップロードしました。

なまくら

誤字、リンク切れ、HTMLタグの間違い、といったミスに気付きはしましたが、敢えて修正してないです。1バイトでも変更したら、それは当時の自分が書いた文章ではなく、今の自分という他人が書いた文章に変化してしまう、と思ったからです。

例のサイトはもう二度と見ることもないと当時は思ってましたが、久々に見に行って、やはり後悔してしまいました。やっぱ改心させるのはムリだったんだなぁ、と。人はそうは簡単に変わりません。

彼が当時について語った文章がありました(汚らわしいのでリンクしません)。みんなに責められてヘコんだとは書いてあったんですが、ただ自分がきつかったという想いを吐露してるだけで、悪いことをしたという反省の色は全然見られないんですよ。

まぁ本当に悪いことをしてたという自覚があるなら、侍魂の件でサイト復活したりしないでしょうし。侍魂の管理人の方は善人だとは思うんですが、余計なことをしてくれたなぁ、というのが正直な心境です。善意が必ずしも他の人のためになるとは限らない。

仮に自分が同じことしでかして(やろうと思っても精神的なブレーキがどこかに入るから、あそこまで暴走するのはムリでしょうけれど)、侍魂に紹介されたとしても、俺だったら恥ずかしくて、絶対にできないですね。ハンドルネームを変更して、別人として生きるんじゃないでしょうか。あそこまでの厚かましさがあれば、人生楽に過ごせるんでしょうね(明確に書いとかないと伝わらないのでわざわざ書きますが、嫌味ですよ)。

大人になってから性格を矯正するのは本当に難しいんだなぁ、と痛感しました。まぁそもそも自分自身が本当に心の底から反省して変わろうと自覚しなければ、変わるわけもないんですがね。

その自称反省文(悪いことをして申し訳ない、ではなく失敗したなぁというだけの回顧録)は、信者が増えたあとで昔を知るアンチからバラされるよりは、自分から予防線としてカッコつけておこう、という思いで書いてるのがミエミエなんですよね。そうでなかったら、最後にあんな聖書の引用で終わらせないでしょ、まともな知性あったら。

「この中で今まで一度も嘘をついたことがない者だけがこの女に石を投げなさい。」

えーと、彼としてはかっこよく話を終わらせたつもりなんでしょうか。厨二乙。なんか論点すり替えようとしてるし、自己防衛と自己陶酔でカッコつけてたいお年頃なんでしょうか(成人してるみたいですけど)。要するに、あれだけの非常識な行為は、彼の中では誰でもするようなちょっとした嘘と同じレベルなのでしょうね。

お前がそう思うんならそうなんだろう……お前ん中ではな。

例えば、テストの点が悪くなりそうだったら、カンニングすればいいんですか? お腹が空いたけどお金がなかったら、盗めばいいんですか? 一般的な良識があったらやらないような事を、誰でもしてるんだろうと問いかけるのは、一周回って高度なギャグのつもりですか? あなたの書いた文章の中で、ある意味一番おもしろかったです(明確に書いとかないと伝わらな(略))。

せっかくなので、自分も聖書から引用してみますかね。

「この中で今まで一度も、FGHのフォームを丸パクリしたり、格ゲーでシロウト狩りを楽しんだり、アスセス数目的で大手サイトに媚びへつらってリンクしてもらってアクセス数を稼いだり、ランク制リンクで新参サイトに糞というランクつけをしたり、いろいろなサイトを閉鎖に追い込んだり、BBSで自作自演応援メッセージを書きこんだり、複数サイトを作って同じカウンタ共有させてリードミーランキングを上げたり、相手のアクセス数がわかった途端に敬語になって相互リンクを申し込んだり、侍魂に紹介されてアクセス急増した瞬間にサイトを再開したことがない者だけがこの男に石を投げなさい。」

全人類で石を投げられないの、一人くらいじゃないですかね。

おしまい。

(2018/01/27 嶽花)
<< <... 219 220 221 222
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM