Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > Page.235
<< <... 232 233 234 235 236 237 238... > >>
夢の樹が接げたなら (ハヤカワ文庫JA)
夢の樹が接げたなら (ハヤカワ文庫JA)

森岡 浩之
早川書房
2002-03-15



一読した後、あまりの衝撃にいつまでも忘れられない作品。

脳みそに何かを刻み込む、という表現では生易しい。

脳みそがえぐられるほどのショック。

そういう作品に貴方は幾つ出会えてきただろうか。貴方が生涯のベスト5に入れる短編として、必ず入れる作品は何だろうか。

僕は『匣の中の失楽』という推理小説界の歴史に残る作品を残している、竹本健治氏の『閉じ箱』という短編集に収録されている『恐怖』という話を選ぶ。

とても短いので15分以内には読了できてしまうと思う。だから気軽に読んで見て頂きたい。読んだ後は気軽な気分にはなれないでしょうけれど。

そしてもう一遍、選ぶ作品がある。雑誌で発表されたのみで、今まで短編集として編纂されていなかったため、薦めても誰も読めなかったのが悔しかった*1、遂にこうして薦めることが出来て嬉しい限りです。

その名は『スパイス』。森岡浩之氏の作品だ。今では『星界の紋章』の作者としてメジャーとなった感が強いが、僕にとっては一生、あの『スパイス』の作者だ、という認識のままだろう。これからは短編集『夢の樹が接げたなら』の作者として認識する人も出るかもしれない。

この書籍で語られる話は、どれもこれも自我を揺さぶる。言葉という脳内電位差の分布、所詮は複雑なだけのシナプスの結びつき。それらを通し。コギト・エルゴ・スム。そんな言い訳さえも。
  • 注1 : まあSFマガジンの93年の6月号、と言われて直ぐに読める環境の人なら、既に読了している気もするが。
この鬼嫁というカテゴリでは、俺の妻であるまみりんについて書いてます。

俺が大学院時代にバイト先で出会い、そのままずるずる付き合って、気がついたら結納、気が付いたら結婚。そしてなんとなく今までずっと一緒に居ます。これからもずっと一緒にいそうな気がしています。

ちなみにまみりんはまみごやというサイトを運営してます。夫婦そろってネタサイトってどうなんだろう。
正常の反対とは?

異常の反対は正常?

異常の反対の反対は異常?

異常の反対の反対は反対は正常?

延々と繰り返される問答

片目を閉じながらそれを認めたとして、

次の問題は既に瞼の裏に忍び寄っている

何処に境界線を引く?

こんな時に思い出すのは、ディスティ・ノヴァの言葉。

この世に正気と狂気など無い。

あるのは一千の貌(かお)の狂気だけです。


CUBE [DVD]
CUBE [DVD]

ポニーキャニオン
DVD
1999-03-17



僕は映画雑誌を見ない。

この世に事前情報ほど恐いものがあるかい?

だからいつも直感だけで見る映画を決める。

当たる時もあればはずす時もある。

しかし、このポスターを見た時、確信していた。

これはとんでもない作品だ、と。

その時の背中の震えは忘れ得ない。

見終えた時の震えも。

異常な設定も。

異常な空間感覚も。

異常な閉塞感も。

異常な緊張感も。

それらから抜け出した時の開放感も。

そして奇妙な名残惜しさも。

あまり多くは語らない。その必要もないだろうから。

このポスターだけで、戦慄が走るのには充分だ。


猿の夢を僕は。

その日見た夢の事は決して忘れられない。

僕は猿を見ている。ひょっとすると僕自身が猿で、それを外から見ているのも僕なのかもしれない。しかしそれを確かめる術はない。あるとしたら、自分の意志で決め付けるくらいだろう。あたかも、今から振るダイスの目を決めるかのように。

猿はラッキョウの皮を剥いている。食べるのではなく、ただ剥き続ける。しかし手段が目的だとは限らない。この場合も、そう。猿はラッキョウの皮を剥きたいのではなく、中身が知りたいからラッキョウの皮を剥いているのだ。

だから猿は(僕は)皮を剥きつづける。そして皮は小さく小さく、微小になる。そして僕は(猿は)最後の皮を剥く。

すると「世界」が剥けていた。


そこで目が覚めた。『2001年宇宙の旅』を見ていなければ、決して瞼の裏に写らないような映像だった。そう思うと苦笑する。二重の意味で。だって余りにも分かりやすすぎるじゃないか。徹夜でとある本を読了した後の夢なんだから。夢がいつもこれくらい単純だったら、人はそんなに苦労しないだろう。そして面白がることもないだろう。

ジャンルを分けて安心したいのであれば、推理小説という枠組みに入れてみよう。全体の作りとしてみると確かに、事件が起こって、事象について推理が行われ、最後に犯人とトリックを当てておしまい、という事も出来る。それゆえにワンパターンだという見方も出来る。そういう視点から見るのであれば(否定はしない。肯定もしないが)。

しかしこの小説は新しい。今までの「理系の小説」と言われたものとは明らかに違う。専門用語を的確に説明している、ただそれだけにすぎないものとは明らかに違う。ここには理系的な思想が存在する。

情報処理ときいて、情報を増やす分野だと思ってしまう勘違いは意外にしがちである。だが、実際には情報をまとめあげ、効率をよくする分野である。情報を増やすのではなく、捨てるのだ。

数学と聞いて、物事を難しくしてしまう分野だと勘違いするのも往々にして、ある。しかし実際には公式をより簡単にするのが目的だ。分母と分子の同類項をスラッシュで消し去る瞬間、ここに全てが集約されている。そしてコンパクトになった公式というものは、それだけで何百という言葉を連ねるよりもシンプルに真理を語る。

だからといって、これらの作品を読むのに構える必要は決してない。素直に楽しめる、極上のエンターテイメント。先の展開が気になって、ついつい夜更かしをしていたら、いつのまにか朝日の眩しさに驚く。あの至高の時を是非、楽しんでほしい。

小説を読む事は、漫画を読む時の面白さと違う面があると思う。

読む事により、脳という自分の小宇宙の中に絵が描かれる。その絵は決して他人のそれと同じにならず、自分の今までの辿ってきた人生により変化する。同じ小説を読んだからといって、同じ人間が読んだからといって、同じ絵が描かれるとは限らない。そこが面白い。

僕がシリーズ最終作を読んだ時、描かれた絵。

巨大な万華鏡。

極小と極大、絶対と相対、という矛盾を同時に含有するキュビズム画。

果てしない果ての向こう、更なる果ての見える曼荼羅。

そしてもちろん、世界を剥く猿。


皆さんは、この小説を読んで、どのような”絵”を描かれるのであろうか。
祈りの海
祈りの海

グレッグ イーガン,山岸 真
早川書房
2000-12-25



無職になってからも、敢えて大きな図書館や大きな書店には近づかないようにしていました。毎日入り浸りそうで恐くて。それはあたかもネットゲームにはまってしまうかのように。しかし最近は色々考えるところがあって、本日は自転車で一時間近くもかけて市立図書館に行ってまいりました。青空のもと、大濠公園の湖のほとりをのんびりと寄り道しながら。なんて贅沢なのでしょう。

久しぶりに来る図書館はまさに天国。工学部に入ったのになりたい職業は図書館の職員だったのをまざまざと思い出しました。色々見て回ってると、自分が所有しているハードカバーの小説が、文庫落ちして図書館に並んでいるという事実に直面してしまいます。特に『エンディミオン』。就職活動の合間に読もうと思っても、余りのその分厚さゆえに読めずにいたのですが、文庫化されて貸出しOKとはこれいかに。借りてしまいたい衝動を押さえるのに必死でした。

なんとなくさらにぶらぶらしていると、ゲームのコーナーにて、ビリヤード解説本の横に『クソゲー白書』『悪趣味ゲーム紀行』が仲良く並べておるのを見て、とてもとても複雑な気分になったので間にビリヤード本を挟んでおきました。なんとも緩やかな気分。なんとも緩やかな日常。そう、この時までは。

そしてなんとなく書籍検索のところにきて、まるで期待せずにとあるキーワードを打ち込んだら……待ち望んでいた本が既に存在していました。しかも初版を見たら2000年の12月20日。2年ちかく見逃していたとは……

とある雑誌に掲載され、それから単行本を10年近く待ち、あまりにも長く待ちすぎて記憶の奥底にしまいこまれていた、しかし無意識に捜し求めていた相手との再会でした。その相手がグレッグ・イーガンの短編集、『祈りの海』です。

「SFが読みたい!2002年度版」 が選ぶベストSF海外版本年度1位。

ヒューゴー賞受賞。

ローカス賞受賞。

星雲賞受賞。


といった事実は僕にとってはささいなことだ。これがグレッグイーガンの短編小説集だ、という事実に比べれば。

一気に読み終わるのがもったいなく、一日一篇ずつ読み進め、そして最後の一篇だけとなったある深夜。夜明けも近く、よく晴れていて、そんなに寒くも無い。そして、出発。文庫本一冊のみを携えて海辺に立った時、ちょうど夜明けが迫っているところでした。

おもむろに近くの岩場に腰掛け、最後の一篇、本書の題名にもなっている短編「祈りの海」を読み始め、ちょうど朝焼けが始まった頃に読み終えました。タイトルから勝手に感動作だと想像し、感動的な夜明けと共に読み終えようと思っていたのですが、実際にはそうはなりませんでした。

何とも苦い、ハッピーエンドとは言い難いものがあった。それなのに、遥か遠くの水平線を見ているかのような突き抜けた感覚をもたらす読後感。そして目の前には本物の水平線、そして世界の終わりのような朝焼け。

この時の奇妙な感慨深さは、今の僕の持つ語彙では表現できそうにありません。たぶん息絶えるその瞬間になっても、その語彙は見つからないでしょう。
欲したまえ、さすればかなえられん。司会のK井K一が叫ぶ中、クイズ参加者は負けじと思いのたけを叫ぶ。

「志望大学に合格できますように!」
「とりあえず100億円」
「女房と別れて愛人と暮らせますように」
「日本でも市民が拳銃を持てるようにしてください」
「やせたい! やせたいのっ!」
「お隣の奥さんを殺してください」
「タイガーズは9アウト交代にしてくれ」
「息子をいじめた連中の公開処刑を望みます」
「外国産ワインの輸入を禁止してほしい」
「うちのギルがいなくなっちゃったんです。探してください……」
「いつになったら九州新幹線はできるんだ?」
「アダルトビデオのモザイクを消せ!」
「エッフェル塔がほしい」

あまたの欲望が溢れ返る中、僕の欲することは。

「廃刊になった国民クイズを復刻してほしい!!」

太田出版がかなえてくれました。

国民クイズ  上
国民クイズ 上

杉元伶一,加藤伸吉
太田出版
2013-11-01



国民クイズ 下
国民クイズ 下

杉元 伶一,加藤 伸吉
太田出版
2013-11-01



だからこそ今、あらためて紹介しましょう。この本は読む人間を選びます。だからその前に、僕が貴方を選ぶ事にしましょう。

貴方は、以下のようなCMが流れるNHKがあったとしたら、毎日この番組を見ますか?見れないと思ったら、引き返しましょう。

ファンファーレと共に、回るルーレットに矢が放たれる。矢は「2」の所に刺さった。それを見て司会者は言う。「今年の年金の支給者は、年金番号の末尾が2の方で〜す!」

ほう、ここまで読んでいるとは貴方もなかなかですね。しかし、あともう一つだけ。六面ダイスを振って下さい。貴方の頭の中で。幾つですか?

0なら合格です。先に進んで下さい。そうでない貴方は残念ですが牢獄行きです。



漫画の歴史に残る(もちろん裏の)、世紀の怪作といえるでしょう。

近未来の日本。資本主義は崩れ、どん底と化していた。その日本を救った政治体制、それが、”国民クイズ”体制である。人々の行き着く当てのない欲望を操る為に考案、実施されている非常にヤバく、異様な人気の国営テレビ番組。なにせ、クイズに合格すれば、文字どおり何でも願いがかなう。大勢の人間が毎晩出場する。そして脱落し、戦犯扱いされ、財産を没収されてゆく。しかし出場者は減らない。決して。その司会を務める「K井K一」という国民的なカリスマを持つ男。百人の政治家以上に国を動かす力を有する彼をめぐり、様々な権力や思惑が絡み合い、日本の未来が暴走して行く……

このストーリー要約を読む限りでは、かなり目茶苦茶な代物と思われる人が多いでしょう。ある意味、そうです。目茶苦茶で破天荒。しかし今の漫画が失いつつあるパワーが、ここにあります。異様なまでの熱狂が、ここにあります。一見バカバカしい設定の裏には、まれにみる完成度の高さが土台となり、希有なブラックジョークとして、この作品を成立させています。 

表紙の絵でひく人もおられるでしょう。しかし、この独特の絵が、作品に非常に調和しています。話ごとの表紙も世界的に有名な絵画のパロディや示唆に満ちたものばかりで、絵的な演出的の魅力にも溢れています。原作が持つブラックなパワーを、見事に開放しているのではないでしょうか。

それでも躊躇している貴方へ。

自信を持って言えます。こんな凄い漫画を見逃しているのは、もったいない。

せっかく人間として生まれたんです。恐怖やブラックジョークを娯楽と楽しめる、貴重な存在ですよ? しかも、日本人に、ですよ?

日本語を読める幸せというものを、僕はこの作品を読んで感じます。

そんな歪んだ幸せを、貴方にも。
ゲーム狂の嫁と結婚してしまった俺に、ガンジス川さんから画像つきメールが来ました。

次はUO日記?

そ、そんな、ウルティマオンラインにはハマってないですから、ええ。

そういうわけでウルティマオンラインに飽きたということで、来週からラグナロクオンライン日記が始まるヨ!(血涙)
微乳(Cカップ)好きという噂の嶽花ですけど。サイト名がサイト名ですし。つーかCカップって微乳扱い?

嫁が飽きたはずのPSOをプレイしたがってまして。「ハンターズライセンス買ってよー、オンラインでやりたいよー、3ヶ月でたった千円だよー」とか言ってくるんで、「あー、ライセンスの買い方忘れたなー」とか返答してお茶を濁してたんですが。

なんか最近様子がおかしいと思ったんですよ。帰ってきても俺が別室にいてもしつこく呼んでこないし。で、居間に行ったら嫁はPSOしてまして、なんかロビーで会話してる人々が大勢いたりしてまして。 それを後ろから黙って見てたんですが。

「あ、これオフラインだから」

訊いてもないのになぜそう返答する?

今更追求しても始まらないので後ろから見物してたんですが、嫁が「あー、久々にやるとアイテムが寂しいなぁ」とか独り言いって、プレイを中断しました。もう飽きたのかよ!とか思ってたんですが、単にキャラ替えだったようです。



その姿を見た瞬間も震えがきましたが、「Thank You」ってキャラ名見たらもっと震えが来ましたブルブルガタガタ。こんなあこぎなキャラ見たことないよママ!

ファンクションキーに登録してるセリフもかなりアレです。

よーこそなかよしクラブへ!
おめでとーちゅっちゅ!
あはははは、おにーちゃんおもしろーい!
おつかれさまでしゅ!
マグちゃん、おやつ!
ふえ、うあぁぁぁぁん

どれをどのような意図で使うつもりで登録したんでしょうか。中でも圧巻だったのが以下のセリフコンボです。


まず最初にアイテムが欲しくなった時のセリフ



相手が外人の時でも準備は万端です



無視されたときの捨てゼリフ



見事アイテムをゲットできた時のお礼のセリフ


今日はハリセンゲットできたと嫁は喜んでました。皆様もネット詐欺にはくれぐれもご注意を。つーかこんなんに騙されたら人生おしまいです。
石橋さんがPSO参加宣言されてたのをすっかり忘れてたら、忘れた頃に待ち合わせのメールが来ました。

「ちっこい可愛い女の子キャラ。しかも頭にフリフリつき。あまつさえ登録ワードに”萌え萌え〜”が標準装備」をセカンドキャラで作っておこうと思ったら一つのビジュアルメモリに1キャラしか作れないらしいのでやめる。嶽花さんじゃあるまいしネタのためだけにビジュアルメモリなんて買ってられるか

で、石橋さんとICQで待ち合わせに。俺のPSOネームは名乗ったけど、そういや石橋さんのネームは聞いてなかった……でもちゃんとロビーまで指定したからどうにかなるだろう……と思って待ち構えると、目の前に怪しい名前の人物が。その名も

ミサイルマン

ロボキャラだったのは予想どおりだったので或る意味意外でしたが、その色が白だったのが本当に意外でした。あ、そうか、心の暖かい人は手が冷たいって言うしね、ママン。

とりあえず最初に会ったら登録ワードの披露と言うのが嶽花家の習わしですので、一通り披露いたしましたところ、石橋さんからは「アホそのものですな」と暖かい言葉が。登録ワードでネタあわせして漫才しましょう、と持ちかけてくる人間に言われたくないと思った。

で、とりあえずチーム作って冒険に出ようって話になったわけです。石橋さんは不特定の誰かをナンパして旅に誘わず、誰かが乱入してくるのを待つスタイルが好きだそうで。そうなると人が入りたくなるようなチーム名が大事ですよね! 間違っても「誉め殺し」「投げやり」「消化試合」といったチーム名はいけませんね!

「というわけでチーム”北※鮮”はどうだろうか。ミサイルにちなんで」

「ちなむな。つーか、世界中でPSO発売始まったってのにヤバすぎ」

「日本語だったら大丈夫だって」

「つーか誰も入ってこねえって」

「むしろこのチーム名で入ってくるヤツがいたら嫌だ」

すったもんだの挙句、チーム”ねこちゃんすきすき”に決定。なぜだ。

「あー、早くねこまっしぐら人間がはいってこねーかなー」

「こねえって」

とか会話をしてたら、ショップ時に画面がストップ! ひええ、フリーズでアイテムロスト?!とおののいてたら、なんと酔狂な乱入者が!

とりあえず「はじめまして」と話しかけたあとで、どう話を繋げるか考えた結果、「やっぱり猫の肉球の間の短い毛がたまらんッスよね?!」と濃い議論を投げかけてゆく方向にしようと思ってたら、返信は……

「Hello!」

え、外人さん?!

今までの饒舌さが嘘のように、片言英語で道中を淡白に過ごす事態と相成ったわけですが、ドラゴンとの戦闘開始で石橋さんが「肉が!肉が来たよ、お母さん!」と唯一の登録ワードを披露したところ、なんと外人さんがガンダムのセリフを日本語で! 「アムロ、いきます!」とかそんなのを。

すると、「Do you like GUNDUM?」と石橋さん、「OH , I like GUNDUM !」 と外人さん、「 I like it too!」と石橋さん、といった具合に会話のキャッチボールが。俺も何か言わないと……と思ったので、貧弱な英語力を総動員して

「I like G-GUNDUM」

って言っておきました。「ジーク、ナオン!」って英語でどう言うのか分からなかったのが偲ばれます←それガンダムじゃない

今日の結論:ガンダムは世界の共通語←なんでこんなことに
今までは適当に見知らぬ人々と会話をし、即興でパーティを組み、一期一会なプレイをしてきたわけですが、先日はついにVAIさんと遭遇するのに成功いたしました。遭遇したのはいいんですが、なんでロビーから冒険に出るまで1時間もかかるんでしょうか。

ALTキーとファンクションキーを押すと、転んだり、パンチしたり、さまざまなアクションができるのを教えてしまったせいで、ロビーでのボケかたの特訓が始まったのは俺のせいじゃないと思います。むしろ当然の成り行き、むしろ必要不可欠だと思いたい(逃避)。

ちなみにALTキーとファンクションキーを同時に押すと、ファンクションキーに登録しておいた会話文まで表示してしまうので、登録内容がバレバレです。普段冒険でどんな会話を多用しているのか丸分かりです。

「ハイル ギガス!!」←投げれません
「ビバ 赤ブロッキング!!」←ゲームが違います
「セラフ赤ブロ余裕!!」←ガセネタ
「モヒ」←基本
「だっちゃね」←?

俺は普段どんな冒険をしているんでしょうか。つーかストIIIサードネタばっかでは誰にも通じないと思った。ちなみにVAIさんの登録内容はこんな感じです。

「秘技、三角飛び蹴り!」←飛べません
「これが空手エゴイズム!?」←殴ってません
「これはこれでひとつのサムライ!」←サムライがライフルを撃ってはいけません
「お慈悲!」←?

俺はまだ普通な冒険をしているんだと思って安心いたしました(五十歩百歩)。

取り敢えず冒険に出る際はチーム名を考えないといけません。今はVAIさんと俺と、俺らのそばにいてしまった初対面の方の合計3人ですが、チームにはあと1人空きがあるので、チーム名を見て乱入してくる人がいるとも限りません。なるべく人が気軽に入ってきてくれるようなチーム名を考えてゆきたいものです。

「フレンドリーさを前面に押し出してゆきたい」
「うむ」
チーム”優しくするから”はどうだろうか」
「それは微妙すぎて文章的に難易度高いのでは?」
「初心者にも優しく、という意味なんだけど」
「ハードモードに初心者は入ってこないのでは」
「うーん、じゃあチーム”怒らないから”は?」
「分かりやすい! 決定!」

俺らだけで殆ど会話がなされて、チーム名決定。さっそくチーム”怒らないから”に合流して即再会しようということになりましたが、我らのチームの3人目である初対面の方が5分たっても合流してきてくれません。

「……こないね……」
「……きませんね……」
「……これは……嫌われちゃった?……」
「……しかも5分で。早っ!!」

とか言ってたら来てくれました。単に違うチームに入ってしまってたようです。でも我々はチーム”怒らないから”のメンバーですから、決して怒らずにフレンドリーな言葉をかけつつ出発。

4時間後。誰も乱入してきてくれません。

「怒らないって書いてるのに、なんで誰も来てくれないの?」
「このままでは俺たちの優しさを教えてやれないじゃないか!」
「俺らの生易しさを体でじかに教え込んでやりたいのに!」
「これはこれでひとつのサムライ!」
「セラフ赤ブロ余裕!!」
「怒らないって言ってるのに! ぷんすか!」

とか言ってたらタイミング良くサーバーが落ちて、みんなはぐれちゃいました。天罰?←神は俺らに怒ったらしい
<< <... 232 233 234 235 236 237 238... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM