Home > Page.4
<< < 1 2 3 4 5 6 7... > >>
リンダキューブ アゲイン
リンダキューブ アゲイン

ソニー・コンピュータエンタテインメント
PlayStation
1997-09-25



ダークなユーモアのあるストーリーもいいが、何よりもゲーム性の高さが魅力的。

見た目ははっきり言ってかなりショボいが、その分操作性関連は抜群。実はポケモンよりも先に発売されていた、元祖動物集めゲーです。

今だとPSアーカイブでも発売されてるので、初代PSをわざわざ引っ張り出さなくても、PSP、PSVITA、PS3で手軽に遊べます。いい時代になったものですね。

リンダキューブ アゲイン
リンダキューブ アゲイン(PS3) | 公式PlayStation®Store 日本

ゲームの面白さはグラフィックだけではない、という説得力をもった作品だと思いますので、ゲームらしいゲームをしたい人にオススメします。
積みゲー、やってます?

子供の頃は分かりませんでしたが、大人になると使える時間が減って、なかなかゲームを遊ぶ時間が確保できないですよね。

それでも忙しさのストレスからなのか、ゲーム自体は買いたいという欲望はつきないのですけれど、困ったことに買っただけで満足してゲームに手を付けない、なんて事ありませんか? 

そんな自分に罪悪感をいだいてませんか?


そうか、自分は間違ってなかったんだ!と一瞬思ったんですが、今どれくらい自分が積みゲーしてるのかを今一度把握するのもアリかな、と思ってとりあえず新サイト用のバナーを作ってみました。

積みゲーミュージアム

ここまで画像を作ったところで、そういえば購入履歴サイトあるんだから、あちらで積みゲーが管理できたほうが一元管理できるんじゃなかろうか、という気分になってきました。そしてそこまでやるなら、ゲームだけじゃなくて、小説やマンガなども積み状態を数値化して見ようじゃないかという気分になってきました。

そして三週間後、ひとまず大まかな部分は完了しました。その結果、かなり厳選したはずなんですが、積みゲーが256本という無慈悲な結果が突きつけられてしまいました。一生かかっても遊びつくせる気がしません。

来年の抱負は「もう積みゲーなんてしない」にしようと思ってましたが、来年始まった瞬間に積みゲー始まってる状態です。来世に期待!

とはいえ、このまま増え続けていくのもなんなので、無理のない範囲で消化も心がけることにしました。もはやゲームのダイエットをやってる気分ですが、自分の健康管理と共に時間の管理も意識できたらなー、と思う次第です。
自分はピンボールマニアじゃないんですけれど、FLIP-FLAPを読んだからなのか、こちらの記事をみて心がときめく程度にはピンボールの風情が好きなのです。

未だに海外のみで配信されてるんですが、ピンボールなら英語分からなくても遊べるだろうし、と思って海外アカウントで購入してみました。

ためしにPS4のキャプチャ機能で録画してみましたが、かなり簡単に扱えていいですね。たまに録画開始されてない時があるので、少しコツがいるかもしれませんが、基本的には簡単に扱えるように出来てて好印象です。特に悩まずにYouTubeへもアップロードできました。



基本パックだと3台選べるんですが、その中の一つ、海の中で遊べるピンボールを動画にしてみました。 サメやクラゲがいるなかでピンボールするってのは趣があっていいですね。LR3ボタンをつかえば、もちろん台揺らしも可能なので、すぐに直感的に遊べるかと思います。

動画だと台の下のほうが見えないように思えますが、実際にPSVRで遊ぶとちゃんと下まで見えるようになってるので、ご安心ください。あと急に視界が動くのは、サメとかきたらついついそっちを見てるだけです。購入まで少しだけ手間がかかりますが、ピンボール好きなら結果的に安いしオススメです。

記事の続きでは、海外ソフト購入までの流れを記載しています。
カスペルスキー インターネット セキュリティを最近インストールしたら、いろいろ機能が増えてるんですよ。けっこう便利だな、と思ったのがセキュリティリスクがあるソフトを通知してくれる機能なんですけれど、一年前にインストールしたiTunesの通知が来てしまいました。

まぁここまでは良かったんですが、そのあとに迂闊にiTunesをアップデートしようとしたら大変なことになってしまいました。なんで一年間アップデートをしないようにしてたのか、ここまでひどい目にあってようやく思い出しました。

iTunesって環境によっては、アンインストールもインストールも失敗してしまう、といったソフトウェアのバグが未だに残っていて、やるときはかなり覚悟きめないとマズイという代物だったのです。というかアップデートする場合、アンインストールしてから最新版を手動でインストールが基本です。

というわけで、一年後くらいにまた苦しんでる自分の姿が見えてきそうなので、備忘として対応方法を残しておくことにしました。
Amazonで電子書籍(Kindle)を購入した場合、端末によっては画質が低いことがネックになって、閲覧時に気になることがあるかと思います。

自分の場合よくあるのが、Windows7でフルHDモニタにて閲覧した時は問題ないものの、AirPad2で閲覧するとセリフ周りにノイズが入ってるように見える状態です。参考までにiPadAir2でのスクリーンショットを未加工で切り取った画像を貼っておきます。

フィードバック

こういう場合は、積極的にAmazonに報告したほうがいいです。

気になる商品ページの下部に「この本の劣悪な品質または書式設定を報告しますか?」という文面がありますので、その右の「ここをクリック」を押下してください。

フィードバック

その次のフォームでの画面入力例を示します。

リスト:
低品質の画像または図表が含まれています。

問題の箇所:
全体的

メッセージ:
フルHDのPCモニタでは問題ないですが、iPadAir2だとセリフの写植周りにノイズが見えます。将来的に改善されるのであれば、返金・返品は不要です。


こんな程度でもいいので報告を送ると、早ければ数時間でメールに返信が来ます。ただ対応される方によっては「問題が再現できない」と突っぱねられるときもあったので、そういう場合は面倒ですが、届いたメールに返信する形で、以下のような詳細も書いて送るといいです。

・注文番号:
・問題の発生している箇所の位置No.:
・問題の発生しているページの番号(ある場合):
・iPadAIr2のOSのバージョン(例:「Android OS 5.0.2」「iOS 9.2.1」「Windows 8」「El Capitan」):
・問題が発生しているページのスクリーンショット(メールに添付するかたちでお送りください)


対応に時間がかかるという返事が来た場合、返品・返金希望かをAmazonから確認される可能性があるので、事前にその点も書いておくといいかもしれませんね。自分の場合、返金は不要と連絡しましたが、Amazonポイントを300円分貰えたこともありました。

一度再現不可と言われたケースもあったんですが、iPadAir2のスクリーンショットを未加工で送ったところ、今度は問題を確認できたと返信きましたので、再問い合わせもやってみる価値はあるかと思います。

個人的な印象なんですが、どうも白泉社のKindleは全体的にこんな感じみたいです。気になって自分の報告履歴を見返したら、三冊とも全部白泉社でした。Amazonからは将来的に対応しますという返事も素早くいただけたものの、あくまで対応するのは出版社ですから、なかなか対応されないみたいですね。特に一冊目の報告から数ヶ月たってもまだ改善されてない状態なので、今後しばらくは白泉社のKindleは購入を控えようかと思っています。

こういうこともありましたが、Amazonのカスタマーサポートは素早く丁寧という印象が強くて安心してるので、今後も購入させていただこうかと思います。

Rez Infinite

とりあえず遊んだほうがいいです。と言ってみたところで、できれば事前に体験版を試してから買いたいところでしょう。日本版のデモディスクにも収録されているんですが、せっかくですから北米アカウントを作って海外版のデモディスクをダウンロードするのをオススメします。

日本版だと5個なのに、海外は18個も収録されてます。それだけに容量も40GB近くあるので、ダウンロードにけっこう時間かかりますが、PSVR本体買ったらまずは海外版デモディスクさえあれば満腹じゃないでしょうか。『KITCHEN』も日本だと100円必要なのに、海外版だとタダで遊べちゃいますしね。デモディスク以外にも、海外ストア独自の無料コンテンツありますし、すぐに作れるので海外アカウントはオススメです。


なお海外アカウントでソフトをダウンロードしたあと、日本アカウントで同じソフトを遊ぼうとしても鍵マークがついてて遊べない場合があります。そういう時は、海外アカウントで設定>PlayStationNetwork/アカウント管理>いつも使うPS4として登録する、とすればロック解除されて、日本アカウントでも使えます。


閑話休題。話が逸れたので、Rez Infinite自体に話を戻します。

静止画や動画で見ても分かりづらいんですが、実際にPSVRで本ソフトを体験するとかなり凄いですね。電脳世界に浮遊してるという没入感が半端ないです。言葉で表現しきれないのがもどかしいですが、実際に遊んでみて!としか言いようがないですね。

手軽にVR体験をしたいというのであれば、絶対に死なないモードでエリア4までは遊べるますし、そこまで遊び尽くせた腕前ならエリア5も苦労せずにクリアできる程度の難易度になってます(少し長いですが)。

まぁプレイ時間が合計一時間超えるだけでもエリア5の次のエリアXが解放される仕組みになってるので、一度くらいゲームオーバーになってもいいや、くらいの気持ちで遊んでいけるかと思います。

今回VR用に追加されたエリアXは、遊べるようになるまで小一時間程度はかかってしまいますが、それまでが作業というわけでもなく純粋に楽しめますし、ちゃんと最後までエリアXを楽しんでもらいたいです。VR体験の真骨頂といっても過言ではないですから。

最初はシューティングなのかと思ってたのですが、どちらかと言うと敵を倒した時の音自体も体験に組み込まれている、といった感触でした。敵を倒した後の反応自体がリズムになってて、手元のコントローラーの振動と、ヘッドホンからの音響と、見渡す限りの映像があいまって、独特の一体感が得られます。没入感のあまり、ヘッドセット外した時は「現世に戻ってきた」という感覚になるのが凄すぎ。

人によるかもしれませんが、自分はVR酔いを感じなかったので、比較的酔いにくいソフトかと思います。PSVR買ったら取り敢えず遊んでおくべき、マストバイアイテム。そう断言するくらいオススメです!
一ヶ月くらい前からウォシュレットから水漏れするようになって、下にバケツを置いて一日数回水を捨てるということをやってたんですが、帰省する時はヤバイという事実に気づいてしまったので、修理するか新しいのを買うことにしました。まぁ新しいのを買うにしても、15年以上使ってたから、減価償却は十分できてますかね。

ウォシュレットをやめるという選択肢も考えたんですが、お腹を壊した時とかはウォシュレットじゃないとお尻が凄いことになる(と言うかなった)ので、とりあえず費用がどのくらいなのか確認してみることにしました。

まずは修理できないかと思い、古い方のウォシュレットの製造元であるTOTOに連絡してみたところ、意外とすぐに来てくれて見てもらえたんですが、部品がないと修理できないタイプの故障で、機種が古くて部品がないから実質的に修理ができない、とのこと。新しい機種の値段をきいたら、6万円からと言われて、少し考えてみることに。

TOTOへのこだわりがあるわけでもないので、そこそこ安いところはないかとまた電話してみたら、一番電話口での対応が親切っぽくて、値段も最安値と思われる水道屋さんルンルンの方に来ていただくことにしました。

実際に見てもらったところ、やはり修理が無理なので、外すか新しいのにするか、という話になりました。新しいウォシュレットの値段を聞いてみたところ、ホームページに掲載されてるように、一番安いのは取付料金込で18,000円とのこと。ちなみに機種は東芝のSCS-T160で、Amazonレビューもすこぶる高評価です。



特に感銘をうけたのが、こちらのレビューです。

この温水便座は、まさに業界に投入されたキラー便座とでもいいましょうか、
おそろしいほどコストパフォーマンスが良いです。
全ての人に温水洗浄便座をといわんばかりの価格と性能です。

色々と検討してみるとこの商品のコスパの凄さが分かったのですが、
性能については半信半疑でした。(安いなりに何かあるのではと疑っていた)
しかし、実際に設置してみて何も問題なく使用でき、不満なしです。

設置は、私の場合、30分もかからず完了しました。非常に簡単です。
ハンドル式の止水栓だった為、水道の元栓を締める必要がなく、止水も楽でした。

具体的にどこがコスパに優れているのかを書きますと、
・ノズル洗浄機能がある
・脱臭機能がある
・節電機能がある
・ムーブ機能がある
・水勢調整ができる
・便座温度が設定できる
・温水温度が調整できる
・ノズル位置が細かく調整できる

「そんな機能、付いてて当たり前では?」と思うかも知れませんが、
実は、この価格帯では上記機能のいくつかが欠けている商品が多いのです。
検討されている方は、実際に比較すると分かってもらえると思います。

1〜2万円の間でこの温水洗浄便座を超える物を現時点では発見できていません。
この価格帯で探しておられる方は、これをおすすめします。


このレビュー見たら、この機種以外を買う選択肢が消えました。

あとは古いタイプの水道で元栓を閉める蛇口部品がなかったため、追加で1,500円必要とのこと。しめて本体18,000+蛇口1,500+消費税1,560=合計21,060円とのこと。なお自然故障の場合、一年間の保証がつくそうです(TOTOの場合は、高い代わりに5年くらい保証があるみたいですね)。

Amazonだと該当機種は12,900円なんですが、取り付け費用のみであれば7,000円と記載があったので、この機種の場合は本体を他所で買ったほうが少し高く付きそうです(もう少し高い機種なら、本体だけ買っておいて、取り付け依頼がお得そうですね)。別に購入した場合、本体が万が一故障してた時のリスクもありますね。

ホームページに記載されてた値段と同じで、割高な追加料金なども特になく、すぐに対応可能で、来られた方が信頼できそう、と好条件が揃ったので即座にお願いしたところ、30分もかからずに設置が終わりました。

今思えば「ホームページ見ました」と言えば2,000円割引だったかな、と思ったものの既に帰られた後でしたので、結局そのまま領収書を机にしまって完了。特に問題なく使えており、以前の機種より少しコンパクトになってて掃除もしやすそうで大満足です。

TOTOの方もルンルンの方も言われてたんですが、ウォシュレットは自分で作業しないほうがいい、と強く言われてました。一般の人でもできなくはないけど、失敗して水浸しになって下の階に漏れてしまい数十万円賠償金を払った人とかも居るみたいなので、やはりリスクが高いみたいです。

あと、電球を変えるために便座の上に乗って破壊してしまい、保証対象外になる人も居るようなので、ウォシュレットの上には乗らないでくださいとも教えていただきました。最初は「包丁は人を刺さないでください」と注意書きされてるような気分だったんですが、普段は乗るつもりがなくてもいざとなったら乗るかもしれないので、事前に注意しておくに越したことはないですね。

かなり親切に対応してもらえたので、次に水道で何かあったら、またこちらの業者さんにお願いしようかと思います。
「は*ま起稿」というサイトはGoogleの検索結果で上位に出てきてしまうので、知らない人はツイッターなどでURLを貼りがちなんですが、個人的には大っ嫌いなのでサイトの名前も見たくないくらいですし、うっかりクリックしてPVに貢献して活動へ寄与するような真似すらしたくありません。恣意的に歪めた情報の切り抜きを発信して、世論や市場を操作する悪質なステマブログは、正直滅んで欲しいです。あの手のブログみて、一本でもほしいと思ったゲームありました?

そういうサイトを見たくない時のために、FireFoxだと「はちま禁止」というアドオンがあったのですが、こちらは自分で禁止サイトを編集できず、アドオン作者自身がいろいろ問題を起こしていたり*1、と使うのを戸惑うような状況でした。

そんな中はちまバスターという拡張機能のまとめがあったんですが、残念ながらGoogleChrome専用でした。FireFoxをメインブラウザにしてる自分には、このままだと使えません。というわけで、GoogleChrome用の拡張機能である「はちまバスター」をFireFoxでも使えるようにしてみたので、その方法をまとめてみました。
  • 注1 : 何があったのか知りたければ、ご自身で調べるのを止めはしませんが、あまり良い気分にはならないと思います。もし「はちま禁止作者による謝罪記事」というリンクを発見したら、うっかりクリックしないように気をつけてください。こういうことをする人がアドオン作ってた、というのがビックリですね。
FireFoxが未署名アドオンが使えなくなりそうなのでアップデートを控えてたんですが、最高度の脆弱性が発覚ということもあって、さすがにアップデートしないとまずい気がしてきました。

未だにFireFoxを使ってる理由の一つが、Easy DragToGo+というアドオン(画像をドラッグするだけで指定したフォルダに即保存)なんですが、未署名アドオンなんですよね。

そこで代替アドオンを探してたんですが、英語版ですが Easy DragToGo++ と末尾のプラスが一つ増えたバージョンがありましたので、FireFoxを最新バージョン(現時点では47.0.2)にアップデートして、このアドオンをインストールしてみました。

Easy DragToGo++ :: Add-ons for Firefox

もともと使ってたのが非公式の日本語化されたものだったのですが、こちらは英語だけになります。まぁ簡易な英語なので、すぐ使い方はわかるかと。このシリーズのアドオン共通の注意点としては、画像の端を超えるようにドラッグした場合は保存できない、というところでしょうか。画像を超えないように、画像の内部でドラッグすれば大丈夫です。

どうしても日本語版が使いたい場合、有志の方が日本語化されたものもあるので、こちらを使ってインストールしてみてください。書名あり版なので、特に何も設定を変えなくてもインストールできました。

Easy DragToGo+ SMod 1.1.7.b21 日本語署名版: 働きすぎるコンピュータ

今後のFireFoxのアップデートにより使えなくなる可能性もあるようですので、好みに応じて英語版と日本語版のどちらを使うか、検討してみてはどうでしょうか。
無料でダウンロードできるVRソフト、という以外の情報を何も知らない状態で起動。


anywhereVR

ヘッドセットの先には、沖縄が広がってました。

歩きまわることはできないものの、左右を見渡すと、周りが見える。

静かなさざなみが、心地よい。

実に、いい。

癒される。

他にどんな景色がみれるのかと試してみると、無料版なので二箇所だけでした。しかしメニューからリストを出すと、いかにも心地よさそうな風景が沢山並んでるじゃないですか。

でもそれらをクリックすると、PSストアに誘導されるじゃないですか。

有料じゃないですか。

でもその場でクレジット決済できちゃうじゃないですか。

そのままお得なコレクション版を購入しちゃうじゃないですか。

財布の紐という概念がなくなっちゃうじゃないですか。


リラックスCollection 1(PS4) | 公式PlayStation®Store 日本

なんというか、PSVRヘッドセットをつけたままクレジット決済するのって、無駄にサイバー感あって趣がありましたね。

ヘッドセットをかぶって、心地よい音楽とともに、ただゆったりとする。

それがこんなに癒やされるとは。ゲーム性は皆無なんですが、寝る前にヘッドセットつける習慣がつきそうな勢いです。

NORTHERN LIGHTS −極北の夜空に輝く光の物語−も悪くなかったんですが、anywhereVRの方が一場面あたりのコスパがよくて多彩性があり、音楽が仰々しくなくて好きですね。

PSVRはホラーなどの刺激的なコンテンツが多めでしたが、ここに来てゆったり楽しめるコンテンツも出てくれて、少しずつ幅が広がってきてる感じがあっていいですね。今後もいろいろな方面で、気軽に楽しめるコンテンツが充実していくことを期待します。

2016/12/11追記

VR内でスマホを動かせる機能は、iPhoneが未対応でAndroid端末のみ、とあったので諦めてたんですが、そういえばFireタブレットを持ってたな、と思っていろいろ試したところ、インストールまでは出来ました(ただし動作できず。詳しくは後述)。


FireタブレットはAndroidベースではあるものの、GooglePlayなどが使えないように制限がかかってるので、通常のままだと大抵のアプリがインストールできません。だからといって脱獄っぽいことをやるのも気がひけたんですが、比較的簡単な方法が紹介されてたので試してみました。

かなり詳しく書かれてるので悩むところはないと思いますが、注意点があるとしたらGoogleアカウントをどう使うかですね。iOSと違い、同じGoogleアカウントで複数端末を紐付けた場合、すでにダウンロード済となって他端末で使えない、といったケースがあるみたいです。

どうするか悩んだ挙句、LINEのアカウントを取得するときだけ使ったアカウントを使い、Googleサービスへのログインはいつものを使う、みたいなことをやってみました。すると大抵のアプリは問題ないんですが、GoogleChromeやGooglePhotoなどで問題が発生してしまいました。

複数のGoogleアカウントを追加して、アプリによってどれを使うか変更できるだろうと甘く見てたんですが、その方法が見つかりませんでした。初回にGooglePlayを起動させて設定したアカウント以外、追加する方法が分かりません。普通のAndroid端末には存在している「設定→アカウント」というメニューが、Fireタブレットには見当たらないのです。Amazonアカウントの設定だけしか項目が見つけられませんでした(出来るのかもしれないですが……)

まぁそこは本来の目的ではないのであっさり諦めて、動きそうなアプリだけインストールして、使えたらラッキーくらいの感覚で臨むことにしました。GooglePleyの設定が終わって使えるようになったら、ストアで「anywhereVR」と空白なしで検索すれば、このアプリがヒットすると思います。

anywhereVR - Google Play の Android アプリ

インストールして、アイコンが出るようにはなったんですが、PSVRで試してみたところ、残念ながら使えませんでした。


アプリの説明にも書いてるんですが「タブレット端末での動作は保証しておりません。」とあるんで、Fireタブレットだからという以前に、タブレットそのものがダメっぽい感じですね。残念。

とはいえ今回の件で、今までiPhoneしか持ってなかったんで諦めてた、念願のスーパーリアル麻雀Rを遊べるようになったのは収穫でした。できればPSVRの癒し空間で脱衣麻雀をする、という極上の癒し体験をしてみたかったんですが、まぁそれは贅沢すぎますかね。

といった試行錯誤がおわり、本来のanywhereVRを改めて遊んでみたところ、ゲーム性ないと思いこんでましたが、釣りゲームがありますね。ペルソナ5の釣りとかと違い、割と気楽に遊べる割に、100種類も魚が居るみたいなので、意外と遊べそうです。ついでにツイッター連携もしながら遊んでみました。


知人が「洗濯機が回ってるだけの追加コンテンツが欲しい」と発言されてるのを見て、暖炉で火が燃えてるだけのコンテンツ出たら即買うんだけど、と思ってたら知らぬ間に実は買ってました。


ちなみに暖炉だろうが釣りゲーが遊べました。シュール。

遊ぶ前は画像が荒くなりそうと思ってたんですが、実際体験してみると風景画だとそんな気にならないし、360度のつなぎ目がまったく分からなくて自然なので、とにかく心地よいコンテンツですね。このアプリにはかなりいろいろな可能性を感じるので、今後の追加コンテンツにも期待します。
<< < 1 2 3 4 5 6 7... > >>
▲ Page Top