Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > Page.5
<< <... 2 3 4 5 6 7 8... > >>
おそらくわしへのキノコの供給の停止、凍結がなされているのでは?

【コース名】おそらくわしへのキノコの供給の停止、凍結がなされているのでは?
【コースID】HCK-6LM-WDG
【想定難易度】むずかしい(クリア率2%)
【隠し要素】なし
【WiiU版移植か】元コースあり(ほぼ完全移植)
【バージョン】1.01

『神聖モテモテ王国』というシュールなギャグ漫画のセリフを元にしたコースです。

3巻42ページ

この時点で誰もついてきてくれてないと思いますが、構わず先に進めます。

WiiU版からの移植コースなんですが、ほぼ一緒です。今回の違いは、冒頭のPスイッチをオンオフスイッチに変更したことと、砲台から出てくる敵にパラシュートをつけたことで、これらにより少し簡単になったかと思います(当社比で0.1%くらい難易度低下)。

いちおうタグは「なぞとき」にしたり、コース名だけでなく俳句にもヒントを込めたつもりなんですが、よく考えたらコースID入れてない場合は説明文って見れないから、あんま意味なかったかも……? なぜみんな、備えも無しに特攻するかにゃ〜?

このコース移植時に色々な人のコース作成の手法を聞いたんですが、このシリーズに関してはあまり類例がないみたいなので、せっかくなので作成のヒミツを明かしてみます。

・『神聖モテモテ王国』のセリフで、32文字程度のものを抜き出す
・無理やりマリメに使えないか考えてみる
・これと決めたコース名が出来たら、どうやってそのシチュエーションになるか検討
・なんとなくパーツを置いてみる
・なんとなく完成
・なんとなく投稿
・コース説明文に俳句を書きたくなって、コース削除して再投稿

良い子のみんな、参考になったかにゃ〜?

【変更履歴】
Ver.1.00(WiiU版との違い)
・砲台からの敵にパラシュートを付けて速度を低下(難易度が当社比で0.1%ほど低下)
・ファーザーのサムネイルの頭の部分を少し男前に修正(かなりどうでもいい)
Ver.1.01
・説明文の俳句を修正(コース本編は変更なし)

【過去バージョンでの記録・コメント】

記録

コメント

コメント

コメント
腹ペコヨッシー、お寿司屋さんで大暴れ!

【コース名】腹ペコヨッシー、お寿司屋さんで大暴れ!
【コースID】LMB-WF2-3QG
【想定難易度】かんたん(クリア率33%)
【隠し要素】初回はコメントなしで、2回めにコメントありを推奨。
【WiiU版移植か】元コースあり(少しだけ構成を変更)
【バージョン】1.01

WiiU版ではコース名に込めた意図などを分かってもらえなかった気がするので、今回はコース条件をつけたり、コメントで世界観を表すようにしてみました。

なおコースサムネイルの寿司の絵は、kensan771さんが描かれたものを、許可いただいて使わせていただきました。初期バージョンでは素敵なイラストもいただいたり、と色々ありがとうございます。

お絵かき

なおWiiU版で最初に投稿したバージョンだと、席ごとに丸コンベア置いてたら「お前の国の回転寿司は贅沢にコンベア置くんだね」と英語で書かれたのも良い思い出です。海産物が苦手で回転寿司に行ったことがないのが、海外プレイヤーにもバレてしまった感が、、、


なおこのコースの目的としては「難易度はかんたんでも、いかに人をイヤな気分にするか」というテーマがあったのですが、皆様からのコメントでの反応を見る限り、達成できたんじゃないかと自負しています。

皆様からのコメント
皆様からのコメント

社会の暗部を映し出す問題作。牧歌的な雰囲気のまま遊びたい場合は、コメントをオフにして遊んだほうが良いと思います。

実はこのコース、ニーアレプリカント(PS4ではなくPS3の方)に少しインスパイアされた部分がありまして、その部分を堪能する場合、お手数ですが初回はコメントなしでプレイして、二度目はコメントありにしてプレイしてみると、より満喫出来るんじゃないかと思います。

ここまで読むとどんなコースなのかサッパリ意味が分からないと思いますけれど、できればご自身の目で確かめてみてください!

【変更履歴】
Ver.1.00(WiiU版との違い)
・コース条件をつけることで、WiiU版でのコースの真の目的を明記
・お寿司のサムネイルを追加
Ver.1.01
・分かりづらい配置をやめて、左から右に進めばいいように修正
・全体的にコメントをつけて、世界観をわかりやすく演出
あと0.4秒あれば、、、

【コース名】あと0.4秒あれば、、、
【コースID】D0L-KQ0-TTG
【想定難易度】むずかしい(クリア率5%)
【隠し要素】なし
【WiiU版移植か】元コースはあるものの、ほぼ作り直し
【バージョン】1.00

10秒マリオシリーズの第三弾です。WiiU版と仕様がかなり変わってる影響をうけて、元コースをSMM2ならではの部品を使ったりして、ほぼ作り直しとなっています。テセウスの船みたいになっちゃいました。

とはいえ、元コースに比べると遊びやすくなってるかと思います。ベルトコンベアの色がキノコ床ですぐ分かるようになっていたり、Pスイッチが天井からぶら下がるようになったので、かなり押しやすくなったのではないでしょうか(なお簡単になったとは一言も言ってませんので)。

ちょっと見にくい画像になっちゃってますが、Pスイッチをブロック類に付けた場合、ぶら下がるかどうかを調べてみました。ご参考まで。



【変更履歴】
Ver.1.00(WiiU版との違い)
・スタート地点に物を置けないことから始まり、いろいろなギミックがそのままでは動作しなくなったため、ON/OFFスイッチを駆使して作り直し。
九角館の脱出 9 Rooms Puzzle

【コース名】九角館の脱出
【コースID】3J9-PM1-BYG
【想定難易度】むずかしい(クリア率7%)
【隠し要素】なし
【WiiU版移植か】元コースあり(半分くらい作り直し)
【バージョン】1.04(8/01)

WiiUで作ったコースで一番思い入れが深いコースです。WiiU版ではボス戦や隠し要素などがあったんですが、いろいろ考えた結果、余分な要素は極力削りました。WiiU版ではコース名にもなっていたジュゲムは、ほとんど居なくなっています。

余談ですが、『脳噛ネウロ』でシックスが用意した、養殖された謎が詰められた館にインスピレーションを得て、このコースは作られました。



自分は新本格派ミステリーが大好きです。特に作中ルールが用意されていて、それを読者が理解しだしたあたりで、ルールを逆手にとるような展開が大好物です。

「最後」の部屋はそういったシチュエーションが少しでも作れないかな、と意識してデザインしてみました。少しでもああいった驚きみたいなものを感じていただけると幸いです。数字は貴方を裏切らないかもしれないが、統計は嘘をつくし、ルールは貴方を裏切るかもしれない。

なおブレスオブザワイルドの影響を受けて、ほとんどの部屋で複数の解法があるようなパズルにしています。オープンワールド系パズルコースと勝手に名乗ってます。

そういう理由に付き、このコースでタイムアタックをしようとすると、一般的なタイムアタックとは少し趣の違った趣になるかと思います。どういう順番でアイテムを保持するかというのを考える必要があり、うまくやればかなり速くクリア可能だと思いますので、興味がある方はチャレンジしていただけると幸いです。

【変更履歴】
Ver.1.00(WiiU版との違い)
・SMM1からの仕様変更で使えないギミックを差し替え
・ボス部屋を削除
Ver.1.01
・終盤の詰みを修正(けいりんさん・おやかたさん、指摘と改善案ありがとうございました)
Ver.1.02
・8番目の部屋の詰みを修正
・全ての部屋を自由に出入り可能に調整。
Ver.1.03
・タイムアタック向け調整
・1・6番目の部屋の仕掛けを変更
・ゴール間際の演出を別物に変更(うみどりさん、貴島結衣さん、風来人リョウさんからインスピレーションを受けました)
Ver.1.04
・説明文を再修正(入力画面ではなく、プレビューで確認すべき)
・1・6番目の部屋の仕掛けを変更
・タイムアタック向け調整(作者タイムは1分15秒)

【過去バージョンでの記録・コメント】

記録

コメント

コメント

コメント

コメント

コメント

コメント
あと0.3秒あれば、、、

【コース名】あと0.3秒あれば、、、
【コースID】B59-MGY-B5G
【想定難易度】むずかしい(クリア率2%)
【隠し要素】なし
【WiiU版移植か】元コースあり(ほぼ完全移植)
【バージョン】1.00

10秒マリオシリーズの第三弾です。WiiU版と仕様の違いがあって、実は微妙にいろいろ変えてるんですが、プレイ感覚はほぼ同じになってるかと思います。

元コースを別名セーブして作って、投稿まで約5分というお手軽さだったので「あれ、これは正直、簡単にしすぎたかも……」と思いましたが、蓋を開けてみればクリア率2%といういつもの状態でした。人はなかなか変われませんね。

【変更履歴】
Ver.1.00(WiiU版との違い)
・スタート地点に物を置けないので、その付近を微修正
あと0.2秒あれば、、、

【コース名】あと0.2秒あれば、、、
【コースID】J4R-ML6-FMG
【想定難易度】むずかしい(クリア率6%)
【隠し要素】なし
【WiiU版移植か】元コースあり(ほぼ完全移植)
【バージョン】1.00

10秒マリオシリーズの第二弾です。WiiU版とコース名の秒数が変わっていますが、単に投稿した順で名前をつけてるだけなので、今回はSwitch版で投稿した順番という形になっています。

SMM2になって物理挙動などが微妙に変わっている中、珍しくほぼそのまま移植できたコースとなっていますので、前作経験者の方はすんなりクリア出来るのではないでしょうか。
踏みつぶせ、クリボータワー!!!

【コース名】踏みつぶせ、クリボータワー!!!
【コースID】OFD-Y66-8HF
【想定難易度】ふつう(クリア率15%)
【隠し要素】なし
【WiiU版移植か】完全新規
【バージョン】1.01

SMM2では縦長コースも作れるようになったということで、一発ネタコースを作ってみました。なぜかこの頃から、コース説明文に俳句を書いてみようという試みをするようになってしまいました。コース本体よりも、こな先生に指導をいただいた俳句が一番の見どころではないでしょうか。ちなみに生まれて初めて詠んだ俳句です(季語はキノコで秋)。

このコースに関して、こなさんから頂いた感想がかなり嬉しかったですね。

初見殺しにひっかかり、そして句の意味を知る…! 

こういう罠を仕掛ける場合、普通は前もってキノコを取らせておいて、殺さないようにすべきかもしれません。しかしタイムアタックを考えると、あえてこのままの方が味わいがあるとも感じました。

ただ、「↑」でヒップドロップを解除できることは知らない人がいるかもしれないので、どこかでそれを示したら良かったかもですね(最後の方だけ上矢印にしとくとか)。

ゴールすると落ちてくる画面外のクリボーも趣。


なんだかファミ通レビューみたいな感じで、作者の想定していること全てを把握したうえで、具体的な改善案までいただいて感服いたしました。もしコース再投稿することになったら、上矢印に変更したり、オトアソビは最後の一個以外は削除する、といった点を検討するかと思います。建設的なご意見、誠にありがとうございます。

7/30 追記
こなさんのご意見を元に、コース内に操作のヒントを追加しました。コース本編は特に変わっていません。


なおこのコース、タイムアタックを目指すと、ちょっと変わった光景を見れるかもしれません(ちなみに作者の予想タイムより5秒も少なくクリアした人も出てて、TA勢やべぇ……と驚きました)。

10/17 追記
なんとよゐこのマリオメーカーで職人生活 SPECIAL〜京都の陣〜 | Nintendo Live 2019にてこのコースが選出されました! 残念ながらよゐこのお二人には遊んでいただけませんでしたが、とても嬉しいです!


【変更履歴】
ver.1.01
・タワー内のオトアソビが殆どかき消えるので、ほぼ削除しました。
・ヒップドロップを止める操作について、コース本編内にもヒントを追加。

【過去バージョンでの記録・コメント】

記録

コメント
史上最大! 第一回キノコ王国横断ウルトラクイズバトル!!!

【コース名】史上最大! 第一回キノコ王国横断ウルトラクイズバトル!!!
【コースID】※現在はコース削除しています
【想定難易度】ふつう(クリア率11%)
【隠し要素】なし
【WiiU版移植か】完全新規(クイズは過去コースの寄せ集め)
【バージョン】1.00

一度もみんなでバトルで遊んだことがないのに、思いつきだけでバトル用のクイズコースを作ってみました……が、そのうち作り直すと思います。コメントの仕様がWiiU版と微妙に違うようで、コースの高さによってはうまくコメントが見えないこともあるようです。

フレンド対戦が実装されたタイミングくらいで、コメント表示がもう少し問題ない形にならないか検討する予定です。一度投稿すると、60以上もコメントを追加する必要があるので、ちょっと今は作り直す気力がないですね……




2019/10/03追記

フレンドバトルが実装されたので、さっそく挙動を確認してみたところ、バトル中はコメントが全く表示されませんね(そんな予感はしてましたが)。

つまりこのコースではクイズが表示されないので、運任せで突破するしかないという、存在意義がまったくないコースであると3ヶ月目にして判明したわけです。


というわけで、コース削除しました。

後日、一人用のクイズコースとして作成し直す予定です(ナンバリングはこのまま欠番として残しておいて、別番号で管理する想定です)。
映画『天気の子』公式サイト

監督の作品は『秒速』から見てきた口なんですけれど、昔は単館上映系でひっそりと同好の士だけ集まってる感じだったのに、『君の名』のときはシネコン上映だったので???と思いつつ鑑賞し、画像が綺麗だなーくらいしか考えてなかったので中盤のあの展開を見た時、「うわ、次は死別ときたか……さすが俺たちの新海監督!」と訓練されすぎたファンだったせいか、すんなり受け入れそうになってた自分がいたのも、もう三年前なのですね。

今回も異様なまでの背景の美しさは顕在で、どこまでの執念があればここまでの代物を用意できるのかと思うと、ちょっと尋常じゃないですね。ビルの裏口で雨が降ってるだけなのに、この美しさは一体。正気にては大業ならざる、という言葉が脳裏をよぎります。



上映開始前は、隣の席の太ったおばさんがずっとポップコーン食べてたので、まともに鑑賞できないかと覚悟きめてたんですが、本編始まった途端にポップコーンしまって背筋を伸ばして静かに鑑賞し始めたので、ずっと集中して見ることが出来て幸せでした。

いやー、面白かった! 嫌なニュースがあって沈みがちな状態だったのに、この映画を見ている2時間の間は、そういうことをすっかり忘れて夢中でした。 次回作は更にハードル高くなって大変かと思いますが、絶対に初日に見に行くと思います!
W1-1-Shake ゆらぐ始まりの大地

【コース名】W1-1-Shake ゆらぐ始まりの大地
【コースID】P1D-Y3B-G8G
【想定難易度】ふつう(クリア率20%)
【隠し要素】ピンクコイン*5(全100コイン)
【WiiU版移植か】完全新規
【バージョン】1.02

スーパーマリオメーカー2の発売前に、夢の中でデザインしてたコースです。昼間から飲んでるの?と思われるかもしれませんが、大マジです。

かの有名な初代マリオのW1-1で、床が不安定だったらどうなるだろうか、という試みのコースになっています。自分にしては珍しくスタンダードタイプのコースなので、コース投稿時にタグを決定する時は「この俺が、スタンダードを選んでもいいのか……?」と数分悩んでしまいました。まぁアレンジ元のW1-1が偉大なるスタンダードコースなので、まぁスタンダード扱いで許してください。

そのままだとかなり簡単なので、ピンクコインを適度に配置してみました。余裕のある方はピンクコインを5個集め、100コインコンプリートしてみてはいかがでしょうか。
<< <... 2 3 4 5 6 7 8... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM