Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > PC > Sleipnir
1 2 3 4 5 > >>
こちらの記事を参考にして、GoogleリーダーにRSSを追加するスクリプトを作ってみました。
Google Account Multi-Login for SeaHorse

Googleアカウントを切り替えできるようなドロップダウンリストを、画面右上に追加してくれる SeaHorse スクリプトです。こちらは導入が比較的簡単だと思いますので、特に補足はしません。

Hatena Account Switch for SeaHorse

はてなアカウントを切り替えできるようなリンクを、画面右上に追加してくれる SeaHorse スクリプトです。ページによって表示できない事もありますが、かなり有用です*1。導入の時にrkという値が必要なのですが、求め方はこちらのページを参考にされてください。
  • 注1 : FireFoxのはてなツールバーだと簡単かつ便利だったりします。
※2009/12/27追記:現時点ではAmazonの仕様が変更して下記のスクリプトは使えません。Sleipnir ではないですが、Firefoxの amaz-in-g-monkey スクリプト をオススメします。

Amazon のECS3.0 でタグ生成スクリプトを作ってたんですが、2008年3月31日でサービスが終了したため現在は使えなくなりました。そこで以前と同じように使えるよう、スクリプトやXSLファイル等を修正してみました。

全体的な動きとしては、Sleipnir2 で Amazon の商品詳細ページを閲覧しているときに、右クリックメニュー等からスクリプトを選ぶと、下記のようなAmazonの商品リンクの生成をして、タグ部分だけクリップボード上にコピーする、といった流れです。

メジャー Wii パーフェクトクローザー
メジャー Wii パーフェクトクローザー

タカラトミー
Nintendo Wii
2008-12-11



以下で詳細を説明します。
http://sleipnirist.blog26.fc2.com/blog-entry-250.html

IE8 は正直オススメしにくいのですが、JavaScript だけは実行速度が上がってるのでオススメできます。と言うか今までが動作遅すぎだったんですが。Sleipnir2.8.2(最新版)だと、以前生じたIE8の認識障害が改善してると聞き及んだので、今回導入してみることにしました。

IE8はインストールせずに Safeモードを使って jscript.dll を上書きする、といった手法がリンク先で紹介されてましたので、バックアップを慎重に用意しつつも実践してみました。ちなみにWindowXP SP2環境でしたが、これといった不具合も無くスピーディになったので大満足です。Sleipnir2ユーザなら試しておいて損はないでしょう。
リニューアル後のmixiを2カラム/750px幅化するユーザースタイルシートを書いてみたで記載されているFireFox用のCSSを、Sleipnirでも使えるようにする方法を書いてみます。

01:User Style Sheet スクリプトを入手し、同梱されてるリードミーの手順どおりに設置する

02:件の記事内で紹介されててるCSSの中から下記の三行を消して、mixi.css とか適当な名前をつけて、userStyleSheetフォルダに入れておく。

※最初の二行
@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml); 
@-moz-document domain("mixi.jp") {

※最後の一行
}


03:SleipnirのURL欄に「about:cssconfig」と入れてCSS登録画面を表示。

04:登録画面のURL入力項目に「http://mixi.jp/*」といれ、CSSは02で入れておいたものを選択*1して、登録。

05:Mixiを表示させ、CSS反映を確認して終了。
  • 注1 : CSSはサンプルをひとまず登録し、CSSを別名でコピーしてからお好みで書き換えて、最終的に書き換え後のCSSを指定しなおす、といった形だと自分用にカスタマイズするのに効率的だと思います。
年齢確認を自動で飛ばすスクリプトの Mixi バージョンです。アダルト系のコミュニティを開こうとした時の認証を自動で飛ばします。

ちなみになんで作ったかというと、まみりんに「言うこときかないと、私が入ってるコミュを全部追加するからね!」と脅されて、どんなコミュか閲覧してたら毎回例の確認画面が出てきてウザかったからです。必要は発明の母ですね。
Amazonタグスクリプトを ExtendMenu に登録して、拡張右クリックメニューから簡単に実行しようと企んでたんですが、UserAction スクリプトへの対応をしようとしたものの WScriptの動作を使ってた部分がうまく動かせず難儀してました。

BBSで質問してみたところ、今まで気づいてなかったのがマヌケな気がしますが、UserDefinedToolsを使うことで、既存のスクリプトであっても登録して動かせちゃいますね。実は移植とか対応とか考える必要すらなかったというオチがここに。

上記の独り言は分かってくれる人しか分からない書き方なので、以下に手順を簡略化して書いておきます。
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/rapt/plugins/index.html

Sleipnir 用の 2ch ビューアプラグインです。まだアルファ版公開ということですが、2ch をよく使う人は試す価値が高そうです。

詳しい使い方などはこちらの記事を参考にしてはどうでしょうか。標準の右クリックを使う仕様なので、ExtendMenuなどを右クリックに変更してる人は注意が必要みたいです。Sleipnir 2.5.14ではメニューエディタを変更できるので、工夫すればどうにか出来そうな気もしますけれど。

余談ですが、俺は ExtendMenu を右クリック2回に対応させてたんですが、Sleipnir 2.5.14では不具合があるみたいで操作方法を考え直す必要に迫られました。そういうわけなので、右クリック2回を何らかの操作に割り当ててる人は導入する時に注意しておいた方がいいかもしれません(もしくは修正後のバージョンまで待つとか)。
http://www.fenrir.co.jp/blog/2007/07/uri_1.html

一行で紹介が終わりそうだからはてブで済まそうと思ったのですが、けっこう恐ろしい内容だと思ったのでサイト内記事でご紹介しておきます。

Firefox が "firefoxurl://" というURLハンドラを使用することを悪用し、Internet Explorer 経由で Firefox の危険なコマンドが実行できてしまう。

Sleipnir も関係してくる話なので、早めにリンク先の設定内容を施しておいた方がいいと思います。ちなみに記事途中の設定内容よりも、【補足】のところまできちんと読んだ後で設定した方がいいでしょう。具体的に言うと下記内容がオススメかも。

"firefox*://*"


こちらの方が件の問題に対して汎用的な効果を発揮するようです。
http://community.tabbrowser.jp/forum/viewtopic.php?t=1953

Amazonのアダルトコンテンツサイト閲覧時における、年齢確認画面を自動的に遷移してくれるスクリプトです。導入後には奈良県ののりこさんのレビューなどがテスト用に適しているのではないでしょうか。

これは色々と応用が利きそうだと思ったので、ためしに pya! の (18+) 用に*1改造してみました。
  • 注1 : もうすぐ18+のサービスが停止するらしいので、実用的ではないですけれど、まぁ一例として。
1 2 3 4 5 > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM