Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > Web > テキスト
1
http://d.hatena.ne.jp/wonder88/00010101

握力さんが夏が終わるまでに、百物語を完成させよう!という楽しい企画を持ち上げられました。でもしょっぱなっからハードル高すぎて躊躇してたんですが(あの後にどう続けと?)、とある方が先陣を切ったのを見て、俺もつい参加してみました(水場へ走りまくるレミングスのような気分で)。

ルールとしては、はてなスターやはてなブックマーク付けてしまったら強制参加らしいです。百物語そのものよりもこのルールの方が恐ろしいですね。そういうわけであと50話くらいは集まりそうなので、一安心ですね(誰が?)。

あと、基本的に怖い話で実話系ということらしいですが、ルール提唱したご本人自ら脱却してるように見えますし、自分で実話系と思ったら実話扱いなので、実質フリーダムみたいです。

俺の書いた話の場合は、まぁ、あれですよ、仕事で今のプロジェクトに参加してからあんな感じの夢見るようになったので、ある意味実話系。そういう意味で言えば、自分の中で「これ、百物語じゃね?」と思ったら認定ですから、「恐怖、消えたたこ焼き!」も百物語入りする日が近いかもしれません。

一見するとどの話もクオリティが高いというかアシッド系レベルが凄まじい感じがして、なんか参加するのが回ってる扇風機に指を突っ込むような心境の方も多いと思いますが、俺の話でハードルをかなり下げた感じがあるので、気軽に書いて気軽にTB送ってみてはどうでしょうか。参加することに、そして百揃うことに意義があるに違いないですから。

今回の俺以外の方の物語を読んでると、その昔この中で俺が一番まともだオフに参加した時の心境が胸中によみがえりました。この中で俺だけが血液A型で、あとは全員AB型に違いない。
http://headynotions.g.hatena.ne.jp/blowout/

先日サイトが身内バレした方がこっそりサイト移転されてたんですが、なぜか複数の人間のはてなアンテナに追加されてたので開き直って一般公開されたとのことです。

誰なのかははっきり申し上げません。だって見る人が見たら確実に誰なのか分かると思いますし。なんというか、性(さが)を感じました。業と言ってもいいですけれど。

将来的には小説などもアップされるらしいですけれど、それでもカテゴリを about で押し通すのかどうかが気になります。この人ならやりかねない。
http://yaplog.jp/blogarita/

少しはすっぱな感じの女性が(失礼)、「可愛い」をテーマに気ままに日常を書かれているブログです。女性であることを武器にしているというわけでもないけれど、女性ならではの観点・文体で書かれていると言えばいいのでしょうか。文章で楽しませようという気概を感じるあたりから敢えて「ブログ」ではなく「テキストサイト」と読んでみたい気がしました。

俺も昔はそれなりに面白い文章を書こうと思ってサイトを作ってました、それこそテキストサイトと呼ばれてた時代は。まぁ今ではスタンスも随分と変わってしまって、たまに力を入れて他人を楽しませようと書くこともあるけれど、大抵は備忘録気分で書いてます。感想の部類とかは他人に書いてるように見せて、実は未来への自分あてに書いてます。そのかいあって、自分で見た映画なのにオチが分からない、自分でみたのにネタばれしてない!という不思議な現象に陥ったこともあります。脳の病気と認めない方が幸せに生きれそうなのでこの件はこれ以上言及しません。俺が俺であるために。

何が書きたいのか自分でもわからなくなってきましたので無理矢理自分的結論を出しておきますと、テキストサイトだとかブログだとかはツールとかの違いで分けるものではなく、作るときの気概で分けた方がいいんじゃないかなぁ、ってことです。まぁ他人がどう分けようが当の本人にはあまり関係ないのかもしれません。当サイトを絵日記サイトとして分類してる某サイトは無理がありすぎると思いましたが、その人にとっては絵日記サイトと認識されてるのだから、それ自体を間違っていると”指摘”できるわけでもないと思うわけです。その人にとっては俺がタイピングした文字から脳内に絵日記を自動生成できる、ということかもしれないし。というか指摘どころか関係をもちたくな

思うが侭に考えを書いてるとまとまりようがない、といういい一例ができてしまった今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。このような文章を見せられてどういう微妙な表情をしているのかモニターの向こうを垣間見てしまいたい衝動にかられます。なんか最近は平日の更新が厳しくて更新欲を満たしてなかったから、その反動なのかもしれません。書いてるだけで楽しい(自分だけが)といった感触。悪いのは俺じゃなくて社会です。

なんとなく、臓物と金属が大好きな山口先生が「シグルイ」で金属を書けなくなったフラストレーションをメタルペインシグルイという読者の度肝を抜く形で昇華させてしまったのを思い出しました。山口先生の凄いところはそれでいてかつ読者をも楽しませてしまってるあたりですね。つくづくあの方は天才だと思います。ちなみに紙一重という意味で天才と表現しているのでお察しください。悪いのは山口先生じゃなくて社会です。

話をこのサイトさんに無理矢理戻します。気のせいかもしれませんが、もしかすると俺が昔愛読していたサイトの管理人さんと同一人物ではないかと感じていたりしますが、いかようなものでしょうか。全然違ってたらすみません。そのサイトの名前を挙げると違ってたときに恥ずかしいので秘密のままにしておきます。そうすれば俺以外の人間が正誤を判断しようもないので安全ですし。

とりとめもなくここでこの文章はおしまい。
こちらにて党首様の日記が読めます。むかしの翼右ムェゲへのインターネットアーカイブへのリンクもあるので必見。

私はここに宣言する!
「エロゲーに死を!おたく共に死の鉄槌を!」
「ゲームの本質は、「殴る!蹴る!撃つ!壊す!殺す!」これを行わずはゲームに非ず!」


とか熱すぎました。一昔前のネットはかなり勢いのあるページが多くて最高だったなぁ、と感慨深い思いです。

党首様に「NEOコントラ」についてどう思われているか質問してみたい。あれは真のコントラと言えるのでしょうか? やっぱりコントラではなく魂斗羅と命名して欲しかったでしょうか?
http://www.seihin.com/

発見した経緯。バーチャルキーボード携帯電話接続ケーブル」が発売だ!とか思ったものの発見したのが深夜だったため一眠りしてから記事にしようかと思ってたら、翌朝にはもうキーボードフェチな方に先を越されてしまってさすがだと感心してたんですが、そこのコメント欄にてこういうモノが紹介されてました。

手にはめるキーボード 「KITTY」

空中でキーボード 「スカリー」

キーボードの概念って何じゃろ?

そのうち叩かなくてもいいキーボードとか発売されるんじゃ?

とかいった感じにこのサイトを発見したんですが、いろいろな製品が紹介されてて興味深いです。

俺としてはまみりん用に隠れる目覚まし時計 「Clocky」を買ってみたい。でもまみりんなら探しに行かずにそのまま無理矢理眠りそうな気も……
http://tonjiru.nobody.jp/

アシッド系テキストサイトとでも言うべきなのでしょうか、かなり濃い味わいのテキストなので人を選ぶところはあると思いますが、まぁ読んでみてください。俺が説明に困ってるのが良く分かってると思えますので。

なんだかはじめてケガ村を見たときを思い出しちゃいました。
http://www2.csc.ne.jp/~okaruto/kowaisakuhin.htm

ベストオブ○○な話 優秀作品投票所の一コンテンツです。

映像も音響もなくて文字だけで怖いっていうのが理想的だよなぁと感心しつつ、うっかり夜中に読了してしまって色々な意味で眠れなくなりました。

個人的に気に入ったのは「マイナスドライバー」「雪山の登山者」ですね。見えない幽霊よりも見える人間、その方が怖いと思える時もある。
1
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM