Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ゲーム > Xbox360
1 2 > >>
Xbox360はハードウェア的に色々と問題がありますけれど、今回また不具合らしきものに遭遇しました(なお自分の機種はXbox360エリートで、一度基板を交換してもらった状態です)。

市販のHDMIコードを使い、1080p対応しているテレビ(REGZA 40S5)やPCモニター(RDT235WX)に接続しても、1080pのところが灰色になっていて、選択できなくなりました(720pや1080iなら可能です)。同じコードを使ってPS3をつなげばちゃんと1080pで表示できるので、コードやモニター類は問題ありません。

いろいろ検索してみたところ、アンプ経由の時だけ同様の症状が出た方がおられたので、ひょっとしたらと思ってXbox360とテレビをHDMIケーブルで直結してみたところ、ちゃんと1080pが選択できました。分配器や切替器を経由した場合だけ、この問題が出るようです。そこで1つずつ試していくことにしました。



3ポート切替器を経由した場合は、問題なく1080pが選択出来ました。





分配器を経由した場合は、残念ながら1080pが灰色になり選択不可でした。





我が家の環境だと、分配器がNGみたいです。ACアダプターつきの分配器なんで、電力不足とかそういうわけでもなさそうですし、PS3やWiiUだとこの分配器経由でも問題なく1080pが使えますので、Xbox360固有の問題みたいですね。アンプでもダメという話からすると、他の分配器にしたからといって改善できないかもしれませんね。そういう事情を考慮した結果、モニターを使い分けることにしました。

PS3はDVD見るときに使うし、WiiUは息子の前で遊んだりするので、これらは大画面の液晶テレビに繋ぎたいから今までどおり分配器に接続して、キャプチャボード(DC-HD1B)を使いたい時だけゲーム機側の設定で720pに変更することにしました。

Xbox360は格ゲーメインの使用で、ツイッターを使いつつ遊ぶので、PCモニターをデュアルにしておいて、一つは360を表示させることにしました。Xbox360用のモニターはRDT235WXなので、HDMI端子だけでなくD端子もあるのでどちらにするか悩みました。ちなみにD端子ケーブルだと、D端子用分配器(SB-RX300D)経由でも1080pが選択できているので、端子差し替えなしにキャプチャなどができる形になります。とはいえ、SB-RX300Dにも若干ながら遅延があるらしいです(自分の体感で比べましたが、まったく把握できませんでした)。

色々考えた結果、Xbox360ではツイッターしながら格ゲー遊ぶというスタイルなので、セレクター無しでPCモニターにD端子(1080p)で直接繋いでます。たぶん理論上はこれが一番遅延少ないでしょうし(とはいえ体感できるような差ではないでしょうけれど)。

キャプチャボード(DC-HD1B)が720pまでしか対応してないので、大画面テレビにも分配器経由でHDMIの720pで接続しても、実用的には問題ないのですけどね。でもどうせなら高画質で楽しみたかったもので。キャプチャボード使うときは、分配器につないでるHDMIケーブルに繋ぎ変えればいいかな、と思ってます(そんなに使わないので)。

一番いいのは、Xbox360で1080pが選択可能なHDMI分配器があれば、といったところでしょうけれど、これ以上の価格帯のものを購入したところで、問題が解決できるとも限らないので(Xbox360は過去にも色々とハードウェア不具合に遭遇したので)、ひとまずはこんな感じで運用回避することにしました。XboxOneではこのような事が起こらなければいいんですが……
普段は自宅に居ないので、週末くらいにしかXbox360を起動しない日々です。特に最近はゴールドメンバーをお休みしてて帰省したりしてたので、二週間近く起動しないとかザラだったのです。するとこういう時に限って、360へメッセージが来てたりしました。

360のメッセージはPS3とかと違い永続しないみたいで(たしか30日経過で消えるみたいです)、うっかり見損なうとメッセージが来たことすら気付かない可能性があります。そういうわけで Xbox.com を出張先でも見るようにしようかな、と思ったんですがこれだとよほど習慣付けないとあっさり忘れそうです。

もう少し簡単に確認する手段がないかなぁ、と思っていたら GoogleChromeの拡張機能 Xbox LIVE Dashboard の存在を教えていただきました。導入方法も説明不要なくらい簡単で直感的にできるかと思います。

インストールすると自分のアバターの顔アイコンが表示されるようになるので、そこにフレンドだと緑色、メッセージが来ると赤色の数字が出るので、毎回ホーム画面を起動しにいかなくても一目で分かるので大変便利です。

メインブラウザが FireFox なので、できればそちらでも同様のものが無いか探したのですが、残念ながら有用なのは無さそうです(XfoxLiveというものはありましたが、全然動かないし方法なども見あたりませんでした)。

とはいえ、GoogleChromeは業務都合で週に一度は必ず使うため、実質的にこれで見逃しがなくなったので大変満足しています。
Xbox360のエリートタイプに同梱されてるワイヤレスコントローラーなんですが、デフォルトの電池ボックスを外してチャージキットを使ってたんですが、すぐに充電できなくなりました。





これから360買おうとする人はあまり居ないと思いますが、チャージキットは買わない方がいいです。自分だけかと思ったら、色々な人がすぐに充電できなくなったと文句を書かれています。ほとんど自宅に居なくて、2ヶ月もたってないのに充電できなくなるって、かなり変だと思います。充電池だけ買い換えましたが、それも暫くすると充電できなくなりました。合計三個の充電池を買ったんですが、どれもダメだったんで異常なまでの故障率です。

そういうわけで、ワイヤレスコントローラー使うのならデフォルトの電池ボックスにエネループ入れるのがオススメです。余分にエネループ持っておけば、電池切れた時に代わりのエネループに入れ替えて、その間に充電してればいいから気が楽です。

そういうわけで、元の電池ボックスに戻そうとしたのですが見当たりません。任天堂とかのサポートだったら、修理扱いで電池蓋だけでも購入できたりするから、マイクロソフトもできないかなーと思ってサポートに連絡したんですが、ほんと連絡するんじゃなかったって思いました。

今までも何回かサポートに連絡したことありますが、一度で満足いく答えが来たことは無いですし、困ったことに症状などが改善しない方が多かったり、とかなりアレな感じでした。言葉使いだけは丁寧なんですが、なんというか人間じゃなくてCGIか何かが自動送信してるの?って疑ってるくらいです。一番壊れやすいゲームハードなんだから、一番サポートが充実してるべきなのに、なんでこうなんだろうか……今回の件は、紛失なんで完全に自責ではありますが、毎回こうだから釈然としません。逆に言えばこんな体制だからこそ、こんな故障しやすいハードになったのかもしれないですけれど……

こちらか送ったのがどういう内容だったかというと、要約すると「ワイヤレスコントローラーの電池蓋だけ無くしたので、こちらだけ購入できますか? 店頭では無いようですので、修理扱いになるかと思いますから、修理代の支払い方法などについてもあわせて教えていただけないでしょうか?」って感じでした。

するとこれに関する回答が一週間もかかった挙句*1に、挨拶の言葉を抜きにしたら書いてあるのは「ショップでお買い求めください。」とシンプルな回答と共に、公式サイトのショップへのリンクのURLが記載されてるだけ。

ショップで扱ってないからって質問してるのに!と憤慨してメールを送って、そのあとまさかと思ってすべてのURLで検索してみましたが、もちろん電池ボックスだけ売ってるわけもありません。かなり無駄な時間を過ごしたことで更に怒りが増すばかりです。そして今回の件に対する回答もシンプルでした。扱ってないから、新品買いなおせ、って事だそうです。うすうすそうじゃないかとは思ってましたが、だったらもう少し説明の言葉をつけとけよ、って感じです。なんというか、相変わらず、クオリティ低いサポートでした。

この後で検索して分かったのですが、どうも360の本体は保障対象になるようですが、コントローラーなどは保障対象外みたいで、修理が受け付けられないみたいです。不良品掴まされたら、ユーザーが自腹切って買いなおすしかない、という……

まぁこの機会に十字キーが改善された、新しいワイヤレスコントローラー買うのもアリかなぁ、って思いつつ大掃除してたら、たまたま無くしてた電池ボックスが見つかって、エネループ入れたら問題なく動いてるので、かなり助かりました。

教訓としては、Xbox周辺機器を買う時は、壊れたら買いなおす覚悟でいたほうがいい、ってところでしょうか。360はいいゲームも揃ってると思うんですが、ハード周りが酷すぎて台無しだなぁ、と残念な気持ちになるばかりです。
  • 注1 : 二日経っても連絡がなかったら電話サポートへ連絡するように、と公式に書いてあったから律儀に電話しましたが、3日くらい毎回20分以上待たされてもダメだったので諦めました。以前よりも電話かかりにくくなってると感じます。


こちらの記事によて、PS3準拠のジョイスティックを使うよりも、変換機を通してXbox360のジョイスティックを使う方が遅延が無い、という衝撃の内容が書かれていました。

PS3で格ゲーやることは全然無いんですけど(プレイヤー層的に360の方がマニアが揃ってる傾向があるため)、今後どうしてもPS3じゃないとダメな状況が無いとは言い切れないので、思い立ったが吉日の精神でAmazonでポチってみました。

結論から言うと、確かに問題ありませんでした。ELECOMの変換機を用いてPS2のリアルアーケードPRO(ボタンが緑のタイプ)を使った時は若干気になる感じなんですが、今回の商品だと全く違和感がありません。あれだけやりにくかったPS3版のスト3OEも普通にプレイできたので大満足です。

ちなみにマニュアル類が一切無いので、簡潔に扱い方を書いておきます。前提として、必ずPS2用のコントローラーとXbox360用のコントローラーを同時につながないといけません。その上でPS3ではなく360にスイッチを入れれば360のコントローラーを動かせますが、常に360のランプがくるくる付きっぱなしになるのが仕様みたいです。もしうまく360が動かない場合は、一度PS2のコントローラーを指しなおしてこちらを再認識してから360の方を使うようにすれば大丈夫でした。

なお自分の環境だと、PS2は純正の青いコントローラー、360はリアルアーケードPro.EXの組み合わせで大丈夫でした。何個もジョイスティックを買うのが気になる人は、自己責任で試してみるのも良いかと思います。

2013/04/30追記

久々に使ってみたら、認識できずにあわてました。変換機にコントローラー類をつけたままPS3につなぐと「不明なUSB機器が接続されました」と出てダメだったので、以下の手順で接続しなおしてみました。

(1)PS3本体電源を消して、起動しなおす。
(2)コントローラー類ははずして変換機のみつける(PS3にスイッチ)
(3)変換機にPS2コントローラーをつける
(4)変換機に360ジョイスティックつける
(5)この時点でメニューなどが360ジョイスティックで動けば大丈夫。

そういえばスイッチは360にいれずにPS側にしてたのですが、なぜか繋がりました。最初に認識されないと思ってた時は360にスイッチいれてたんで、それが間違いだったのかもしれません。でも前回は確かに360にスイッチいれてた記憶があるんですが……

まぁ壊れたわけではなかったので安心しました。
いろいろあってカナダに生き別れの妹がいたみたいです。せっかくなんで海外でいろいろ着飾ってもらいました。
なんか最近は不調づくしですが、今度はXbox360のサービス、XboxLiveが不調です。つながりはするんですが、スト3OEではNAT1(緑)ではなくNAT2(オレンジ)になって途中で切れたり、一定時間すぎたら切れたりしてしまいます。

Xbox360のネットワーク診断をしたら、確かに異常が見られました。モデレートとか出てしまいます。相手によっては不具合が出る可能性がある、というステータスらしいです。そういえばこの前対戦中に切れたりしたなぁ。でも確か以前にマイクロソフトが指定していたポートは空けていたはずだけど……と疑問に思いつつルータの設定画面をみたら驚愕しました。

なぜか固定IPで設定した360のIPアドレスが一つずれてしまっていました。360本体側では192.168.0.5で固定にしてるのに、ルータのポート割り当てでは192.168.0.6に書き換えられてました。これじゃポートが実質的に開かれてません。部屋の掃除をするときにルータの電源を切ったんですが、そのせいで書き換えられたんでしょうか。

この部分を元に戻したらNAT2になる件は解決しました。ところが、まだ定期的にLiveとの接続が切れる件が解決しません。困ってググったら、同様の症状の解決案が見つかりました。空けるべきポートを引用すると下記になります。

(1)TCP 80
(2)UDP 88
(3)TCP/UDP 3074
(4)TCP/UDP 53
(5)UDP 1257〜1259


最後のUDP 1257〜1259は確かに自分は空けていませんでした。だってマイクロソフトの公式サイトにそんな記載なかったから。とりあえずポート開けてから、各種機器を再起動したり、LANケーブルを刺しなおしたら症状がほぼ改善されました。

ほぼ、と表現したのは一回だけLive接続があれから切れたからです。とは言っても、2時間放置した時はまだ切れてなくて、4時間放置してたら切れてた、ってだけの話なので、単純に無操作状態が続いてたから切られただけなのかもしれません(でもそんな設定みあたらないしなぁ……)。

とはいえ、実質的にXboxLiveで元通り快適に遊べるようになったので、ひとまず助かりました。

必ずこれで治るという保障はないんですが、試してみる価値はあるかもしれませんね。

※2012年08月15日追記

また症状が再発してしまいました。ルータ設定内容も正しく、原因が分からなかったため、固定IP割り振りを変更したり、無線キーボードのUSBアダプタ取ったり、カナダタグを消してみたり、LANケーブルを抜いたり、と症状が出る前後に環境変更したところをすべて試していったものの、全くダメ。一度ダメになると、一分おきに切断されてしまうため、対戦になりません。

そこで、ルータだけでなく光回線のOTUの電源も切って、少しずつ待ってから次々と電源を入れていく、という方法を取ったところ、かなり効果がありました。とはいえ、最初はXboxLive接続テストは正常でも、サードOEは黄色NAT2になっている、という状況でした。1時間くらいしたら切断したので、またLive接続したら、今度は緑NAT1に復帰して、それからは2時間以上は通信対戦してましたが、切断されませんでした。

※2012年10月23日追記

久々に接続したら、また再発してます。検索したら、OTUの電源切ってから30分くらい待たないと効果が薄い、という記述があったんでそのとおりにしてみました。あと、LANケーブルが見るからに古かったので、ダメもとで新しいLANケーブルを買ってきて接続。PS3用とありますが、普通に360でも使えました。



そして症状は見事なおりました。また再発するかもしれませんが、そのときはまたここに追記していく予定です。できれば追記する機会がなければいいんですが。
「スト3の魅力についてお願いします。素人には発売から10年経っていまだに盛り上がってる理由とかよく分からないのでそこら辺とか。」

といった質問をいただきました。スト3ことストリートファイターIII サードストライクについては別サイトを立ち上げてるくらい好きな作品ですので、珍しくマジメに答えてみました。もっと書きたいことは沢山あるんですが、あえて要約して書いてみました。それでも長いけど。


シュタインズゲート本編がけっこうシリアスな展開だったからか、あんまり恋愛要素は深く突っ込めなかった所があるんですが、それゆえに発売されたといっても過言ではないファンディスクです。まみりんからダーリンと言われてる俺が買わないワケにはいくまい!

クリアして全実績を埋めるまで15時間くらいで、ファンディスクとしては程よいボリューム・難易度だったと思います。内容ですが、確かにイチャラブではあるし、割とシリアスなシナリオもあるんですが、基本的には恋愛というよりもラボメン全員でワイワイガヤガヤしてる、って感じでした。とはいえキャラのイメージが変になってるわけでもなく、違和感無く楽しめてよかったです。



Xbox360買ってまでやるかと問われれば、ちょっとそこまでは、という気もするんですがファンだったらしっかり楽しめると思うんで、おそらく出るであろうPSP版を待たずに買ってしまうのもシュタインズゲートの選択と言えるかも知れませんね!
東日本大震災の影響で現在はXbox360の修理受付は行われていない状況なので、この時期に書くのもどうかと思いましたが、このままだと忘れ去られてしまいそうなので敢えて今のうちに書いておくことにします。

結果から言うと、Xbox360の修理を申し込んだら、4回分の修理代金がクレジットカードで引き落とされました。もしWebから修理申し込みをしようとしてエラーになった事があり、クレジットカードの登録をされている場合に限りますが、余計な引き落としがなかったか確認した方がよいでしょう。

以下に、今回の一覧の流れを記載します。


『シュタインズゲート』感想)がかなりの面白さだったので、同じスタッフが以前に作成したゲームということで、気にはなってたんですがなかなか手に取れませんでした。パッケージがどう贔屓目にみてもギャルゲーだったので、本当に面白いのか躊躇してしまっていたのです。

そんな折、プラチナコレクション化して安くなったので、とりあえずキープしておくかと購入。動作確認のために少しプレイしておくか……と軽い気持ちで始めたら予想外に面白くて、そのまま完全クリアまでしてしまいました。

見た目は思いっきりギャルゲーなんですが、中身は何というか猟奇モノとでも表現すればいいんでしょうか、とにかくはっきり言えるのは、コレ全然ギャルゲーじゃないじゃん、って事です。ギャルゲー目当てで買った人には求めるものが違い、ギャルゲー以外にしか興味ない人には手にとってもらえないので、誰得って気が。この辺で損してるような気がします。

残酷表現とはいっても、臓器とかが直接描写されるわけではないんですが、かなり際どいです。読んでて気分が悪くなってくる人も居るんじゃないでしょうか。『シュタインズゲート』でも一部残酷な描写があってウワッと思ったものですが、今思えば本作に比べたら大人しいものでした。PC版が15禁なのに、Xbox360版が18禁になってしまっただけはあります。

とは言え、先が気になるストーリー展開で、謎を序盤で提示しておいて、それをキーにプレイヤーをひっぱっていってくれます。それに猟奇殺人も慣れてくると「次の犠牲者はどんな殺され方をするんだろうか」という下世話な好奇心も出てくるので、自然とプレイしてしまいましたね。

ただ、無条件に薦められるわけでもないです。主人公のキモさはかつて無い体験でした。コイツに比べたらオカリンの中二病なんてカッコよく思えてしまいます。アドベンチャーゲームでは基本的に音声はオフにしないんですが、主人公だけはオフにしてしまいました。それくらい生理的に受け付けなかったです。それでもプレイさせる力がこのゲームにはある、と褒めてもいいかもしれませんが。

あと、真のエンディングを見るために何周もプレイしないといけないんですが、ルート変更のイベントが序盤にあるのに、ルート突入が後半になるので、30分から1時間くらいオートプレイで読み飛ばししないといけない、ってのがシステム的につらかったです。全クリアまで30時間くらいというのは『シュタインズゲート』と同じくらいなんですが、幾分か無駄な時間が占めているので、全プレイ時間満足したとはいえません。

この点がかなりキツかったので、これから買おうかと思ってる人は、PSP版の方が良いかもしれないので様子見してみるのもいいでしょう。

かなり時間をかけて全エンディングを見た後、後日談も発売されてるのでかなり気になりました。しかしコレがまた、本作のパッケージ以上に購入しづらい代物だったのです。



公式が病気。

この言葉がこんなに相応しいゲームも珍しいでしょう。何も知らなければ普通のギャルゲーじゃんって思うでしょうけれど、前作の雰囲気を知ってるプレイヤーは身構えてしまうと言うものです。

前作がギャルゲーだと思ったらとんでもない怪作だったので、こんなパッケージでも実は中身はとんでもない化け物なんじゃないか……?と自分に言い聞かせながら購入してみたら*1、100%ギャルゲーだったので驚きました。

ギャルゲーなパッケージのギャルゲーを買ったら、中身がギャルゲーだったので驚いた。あらためて文章にしたら、何当たり前のことを、って気もしますが本当に驚いたんですよ。前作では悲惨でシリアスな雰囲気で、とても登場キャラとの恋愛とかやり取りとかを楽しめるような余裕が無かったので、実にまっとうなファンディスクである本作は、前作のキャラが気に入ったファンに普通にオススメします。

と、ここまで書いたあとで「普通の恋愛」と言ってよかったのかなー、こういうシーンもあるよなーと思い出しました。とあるキャラのイベント動画を幾つか公開しておきますので、全てがこういうノリじゃないけどこういうシーンもあるんだなあ、と納得の上で手にされてみた方がいいかも知れません。









前作では既読スキップが遅かったんですが、本作ではかなりのスピードなので再読のストレスが激減した気がします。PSP版もこれくらいスピーディになっててくれれば嬉しいところですが。

まとめ。『シュタインズゲート』ほど面白いか、と言われると賛同できませんが、面白いかどうかと言われたら挙手するような感じです。あまり過剰に期待せず、面白いアドベンチャーゲームを楽しんでみたい、くらいのスタンスで手にしてみるのが一番幸せなプレイが出来るのではないでしょうか(ゲーム内容は幸せとはほど遠いものがありますが)。

なにはともあれ、同チームの次回作にも期待したいところです。
  • 注1 : べ、別にメガネっ娘目当てで買ったわけじゃないんだからね! 最初にクリアしたのが美愛、次が優愛だったのは、ぐ、偶然なんだからね! どう見ても立派なメガネスキーです、本当にありがとうございました。ついでに五段活用責めという新しい概念にも目覚めてしまったので、もう戻って来れない気がしましたが、これでも一児の父38歳。
1 2 > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM