Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
1
ロケテストでスタッフが「俺、このロケテが終わったら、故郷に帰ってメイド喫茶立ち上げるんだ……」と言ってたらしいので、てっきりそのまま発売されないのかと思ってたダイナマイト刑事EXの公式サイトがいつのまにか開設されてますね。

発売決定記念ということでダイナマイト刑事(初代)のセガサターン版のプレイ動画をアップしてみました。かなーりぬるーくプレイしてるのは気にしないでください。ジャッキーチェン映画のラストNG集みたいなノリで見ていただけると幸いです。



そういえばセガサターンじゃなくてPS2にも移植されてましたね。画面が綺麗なモードだけじゃなくて、大統領の娘がカクカクなオリジナルモードも準備されてる割には何故かセーブできないという謎仕様だったのが残念でしたけど。



とはいえ、あのテレビCMを収録してくれてたのは嬉しかったです。インターレースかかってるのだけが残念でしたが、CM放送映像自体にひょっとしたら横縞入ってたんでしょうか。だったとしたらセガらしい気もします。



おれのぶきをしってるかい?を超えるテレビCMを放映してもらいたいので、Wiiで移植してください。ネットでコスチューム(ふんどしやヅラ)や武器(黒コショウや生きたマグロ)の配信とか希望します*1
  • 注1 : 何をバカな、と思われるかもしれませんが、セガならユーザーの妄想を本気にしてくれる恐れがありますので、言うだけ言っておくべきですよ。
忍び道と云うは、死ぬことと見つけたり。



本当は面クリアの合間のムービーが味わい深いのですが、時間の都合上今回はカットしたものをアップしてます。

2013年3月23日追記
YouTubeで15分以上の動画もアップできるようになっていたので、ノーカット版もアップしました。こちらはムービーシーンも収録しています。

広告付きゲームことゲームウェアVOL1にて収録されているゲームです。一文字だけ違う文字を探すというだけの内容なんですが、四人で遊ぶとなかなか熱い。Wii のバーチャルコンソール*1で移植してくれるとかなり嬉しいんですけど。



このゲームはストーリーや演出も変てこでオススメです。最後の対決の場面ですが、なんか二人の動きが妙に不自然なのは勘弁してください。一度目に思ったとおりにうまくいかず*2、最初からやり直してたから失敗が許されない状況だったのですよ。いくら面白くても三回も続けてプレイするのはイヤです。
  • 注1 : 全然関係ないですが、三月にあの名作「ヘラクレスの栄光3」が出るので未プレイの人は絶対プレイしてみてください。かなり凄いんで。
  • 注2 : 先生にお金取られるつもりが、あっちから渡しにきやがった!
必殺!
必殺!

バンダイビジュアル
SEGA SATURN
1996-06-28



まみりんがゲームショップで『必殺裏稼業』のデモを食い入るように見てて、「予約特典の扇子が欲しい」だとか「これって紐でつるしたりとかはないのかなぁ?」とか言ってるのを聞いてて、そういえば昔サターンでも本家本元のゲームが出てたなぁ、と思い出したのでした。

はっきり言ってゲーム本編はかなり苦行に近い難易度で薦めにくいんですけれど、面クリア時のデモは仕事人によって各面ごとに違うものが用意されてるのが見所でしょうか。と言うか他に見所がないんですけれど。とは言え、あまり面ごとの違いが無いのが残念です。でも念仏の鉄だけは面が進むにつれ段々と仕置きされる人の表情などが愉快なことになってくのでオススメかもしれません。とりあえず仕置きシーンメインで動画にしてみました。



最終面は鉄さんでクリアするのがきつかったので三味線屋勇次でクリアしてますのでご了承ください。でもインターネットってとっても便利なので、鉄さんでラスボス撃破されてる方のアニメGIFを発見しました。気になる方はこちらをご覧になってみてはどうでしょうか。

仕置きと言えば、ビームか何か時代考証無視してる無茶な仕置きがあったような気がしたんで調べたんですが、どうも竹製のバズーカ砲で吹っとばすってのがそうだったようです。もはやツッこんだら負けのような気がしてきた。
THE野球拳スペシャル
THE野球拳スペシャル

ソシエッタ代官山
SEGA SATURN
1995-07-28



見ての通り直球ストレートな野球拳ソフトです。セガサターンと言えば後半は18禁ゲー専用ハードみたいな有様だったとは思うのですが、その中でも異色の存在でしょう。アニメ絵じゃなくて実写ってあたりで明らかに市場でうきまくりです。

12人の美女?たち

対戦相手は12人いて、彼女たちに勝つと一つずつ玉みたいなパスワードがもらえ、全て集まるとドラゴンボールみたいに何かが起こるらしいのですが、あいにく一つ集めただけで疲れ果てましたので真相は良く知りません。デモキャンセルもできずコンティニューなしでイカサマまがいのジャンケンを続けられる超人がいたら連絡ください。全員クリアするまで監禁するんで。ちなみに俺は一人クリアするのに4時間かかりましたので、単純計算で言えば12*4=48時間は不眠不休で監禁させていただくことになりそうですね。

FC2動画がアダルト系も承認しているということで、テスト的に全く同じ動画をアップロードしてみました。サムネイル画像も後から変更できるので、なかなか良いサービスかと思いました。



ちなみにアダルトカテゴリは「人妻・熟女」にしました。これ以外がマニアックなものしか無かったので、これしか選べなかったとも言えます。

とりあえず動画では唯一クリアできたコを収録しています。12人の中でどのコがお相手なのか、ワクワクしながらご覧ください。
デス クリムゾン
デス クリムゾン

エコールソフトウェア
SEGA SATURN
1996-08-09



バカゲーの類のレビューは"FUNNY" GAMER'S HEAVENという偉大なサイトがございますので、そちらのデスクリムゾンのレビューをご覧になった方がいいと思います(文字化けするようならシフトJISでどうぞ)。俺の言いたいことは全てこちらに書かれていますから。

それでも伝説のオープニングデモなどを見たいという方もおられると思いますので、せっかくだから動画を用意しました(過去にアップした動画はアカウント削除されて見れなくなったので、新たにアカウント取得しなおして同じ内容をアップし直してます)。



自分で言うのもなんですが、1UPアイテムを撃とうとしたら、突然民間人がアイテムを隠すようにやってきて、射殺してしまってゲームオーバーになるのは神プレイじゃないかと思います。今同じことをしろと言われても、あそこまでタイミングよく出来る気がしません。

ついでにラスボスなども収録したロングバージョンの動画も用意しました。エンディングの途中で切れてしまってたりしてまとまりが悪いかな、とも思うんで上述した動画だけでもいいかもしれません。

一面で死ぬところまではショートバージョンと全く同じ内容なので、下記埋め込み動画は4分30秒から再生するようにしました。後半面、ラスボス、スタッフロールの最初の部分(社長のお名前)まで見れます。



ちなみに当時のファミ通クロスレビューなどがこちらにてまとめてありましたのでご覧あれ。あなたも歴史の証人になれます。ヤな歴史だな、オイ。

ちなみに開発元のエコール社はまだ健在でして、今度は対戦格闘ゲームを作られるそうです。うわぁ。

「絶句する人がいっぱいいると思う」
「DC版をやった人は買ってまでやる程ではない」


といった感じの発言から、真鍋社長の大物っぷりが見て取れる気が。




2018/03/25 追記

3/24の明け方に、YouTubeへの著作権侵害のお知らせというメールがきました。なんとデスクリムゾン動画に警告が来てたんですよ。このままだと日本じゃ再生できません、と。なんでまた今頃になって……?

ま、まさかエコール社の社長さんから直々に警告が……?!と思いながら内容を確認したんですが、動画の一部の音楽が著作権侵害してると書いてあって、訴えてきた相手の名前が Bandai Channel となってました。

さすがにバンダイが著作権持ってるわけないでしょー、と思って異議申し立てを行ったところ、少したって却下されました。どうも著作権侵害を自動的に発見するツールがあるらしくて、精度が99%と誇らしげに書かれてたんですが、1%の確率でデスクリムゾン動画に文句つけてくるツールってどうなん……

それはそれとして、真鍋社長って今どうされてるのかなー、と懐かしい気持ちになりました。サターン版から25年以上もたったので、さすがにお名前を見かけることがないですけれど、元気にされてるのかなー、と。

そしてその夜。

なぜか当記事のアクセス数が増えてます。なんで今頃?と不思議だったんですが、原因はポプテピピックアニメの最終回のようです。

ポプテピピッククリムゾン

ポプテピピッククリムゾン

ポプテピピッククリムゾン

なんという再現度の高さ……っ!! 

しかも公式に許可とってるしっ!!

すごい偶然だと思いますが、20歳くらいの時にSVHSで録画したゲームが、数年後にPC購入してキャプチャして動画アップした後に、ポプテピピック放映日の朝に警告くらって、同じ日の夜に真鍋社長のお名前を約25年ぶりに見れてしまう(しかもテレビアニメで!)という流れに、なんだか運命めいたものを感じます。

事実は小説より奇なりといいますか、長生きはしてみるものですね。




2018/03/26 追記

懐かしいな〜と思って押し入れを見たら、普通にまだ我が家では遊べそうです。動画を見るだけでも十分味わい深いんですが、デスクリムゾンは一度は実際に遊んでもらって唖然としてもらいたい逸品だと思うんですよね。


セガサターン本体やソフトもなかなか貴重ですが、実はバーチャガンがブラウン管テレビにしか対応してないので、今遊べる環境は色々な意味で珍しいかと思います。そういう意味だと、我が家は選ばれた存在……?!

そんな郷愁にも似た思いを味わってると、驚愕の情報を知りました。相変わらず工作員さんは底が知れない……


な、なんだって〜!!

まさか自分が住んでる県内に、そんな奇特な環境があるとは……

公式サイトを見ると、次回は2018年4月29日に開館すると告知されてますので、行ってみようかと思います。




2018/04/03 追記

プレイ動画の異議申し立て、実はあれからも数回来てました。

・Bandai Channel
・KING RECORD CO.,LTD.

という名前になってたんですが、どうも偽物のようです。といいますのも、異議申し立てのメールを見たら、以前は確かにバンダイだったのに、今見たら同じメールなのにキングレコードに名前が変わっていたからです。おそらく嫌がらせと思ったので、とりあえずYouTubeには報告済です。

とはいえ、自分が知らないだけで権利がエコール社以外に移っている可能性もあるかもしれないので、ダメ元で権利関連についてエコール社に質問してみたところ、なんと真鍋氏直々に回答をいただきました! 年度末前後のお忙しい中、すみません……

嶽花さまへ、

エコール真鍋です。返信が遅くなりすみません。
下記件、状況から考えると
3月24日放映の「ポプテピピック」での再現OPに関係しているかもしれません。

デスクリムゾンの諸権利は引き続きエコールが単独保有しており、
エコールでは、デスクリムゾンのコンテンツは商用でない場合は
自由につかってOK という考えです。
ポプテピピックでの再現OPに関係する場合は、
関係会社からなんらかの指摘があるかもしれませんが、
嶽花さんの動画ブロックは少なくともエコール社の意志ではございません。

上記の状況ですので、これからもデスクリムゾン関係は
自由に扱っていただいて問題ありません。

エコール/真鍋


他にも異議申し立て食らってるのを何件か見かけたので、上記のメールの内容をHPに掲載してよいかと確認したところ、以下の回答をいただきました。

はい、私からの返事、HPに記載してOKです。

デスクリムゾンに関しては、権利関係など気にせず、
自由に楽しくやりましょう。

エコール真鍋


なんという太っ腹っ……!

たびたびの問い合わせに対する丁寧なご回答、ありがとうございました!

というわけで、デスクリムゾン関連は許可を得ている扱いになるわけなので、万が一動画への著作権侵害の申し立てが来ても、逆に異議の申し立てを行えばよいかと思います。

申し立てしようとしても、複数のラジオボタンのうち特定のものでなければ、結局申し立てできませんのでご注意を。自分がいろいろ試した時は「権利者から許可を得ています」的な選択肢を選んで先に進めた記憶があります。送信まで進めば動画再生ブロックを解除できるような状態になりましたが、署名欄に本名をいれるかはよく考えてやってみてください(個人情報を集めるためのイタズラかもしれないため)。

というわけで、真鍋社長も言われてる通り、デスクリムゾンに関しては自由に楽しくやれたらいいなぁ、と思います。
サターンボンバーマン
サターンボンバーマン

ハドソン
SEGA SATURN
1996-07-19



10人で同時対戦できるのは未だにこのセガサターン版のボンバーマンだけだったりしますので、未だに自宅にセガサターンごと設置している状態です。誰でもすぐにルールが分かるので多人数で遊ぶのには最適ですが、アイテムやフィールドの説明を毎度するのはさすがに面倒なので説明書代わりにWEBにメモしておくことにします。

※基本操作

・Aボタン→爆弾を置く。爆弾を置いて移動せずに押すことで、爆弾を掴んで投げる。ティラ(恐竜)に乗っている時に特殊能力を使える。
・Bボタン→CPU戦のみ出現するリモコン爆弾の爆破に使う。対戦では使用しない。
・Cボタン→爆弾を置く。ラインボム所持時に爆弾を置いた状態で連打すると、置けるだけの爆弾を一列に瞬時に置く。
・L+Rボタン→ティラから降りる。
・LかRボタン→ボムキックした爆弾をストップできる。

※アイテム一覧


ボムアップ:最大9個まで一度に画面内に爆弾設置


パワーボム:最初の爆弾が16ブロックの火力


ラインボム:設置可能最大数の爆弾を一列に設置


地雷:最初の爆弾が、踏むまで見えない地雷になる


ビー玉:設置時に体が黄色くなるまでボタンを押し続けると、高速移動な爆弾を発射する


ゴム爆弾:キックしたり投げるとランダムにはねる


ファイア:火力が最大16ブロック分まで増す


フルファイア:設置する全ての爆弾火力が最大


スピードアップ:自分の移動速度が24段階にアップ


ゲタ:スピードダウン。普段は邪魔だが高速面では必須


キック:自分が爆弾に体当たりすると爆弾が移動するが、LかRボタンで任意に停止可能。


グローブ:爆弾設置したまま動かずにAボタンで爆弾を持ち上げる。持ってる時は爆発しない。


卵:ティラ(後述)という怪獣に乗れる。その時は1ミス可能。


合体:取ると自分が赤く点滅し、他プレイヤーと接触すると吸収合体し、相手の能力がプラスされる


ドクロ:10種の病気(後述)になる


デビル:全てのプレイヤーが10種の病気になる

※ティラ能力一覧

緑:ダッシュ(Lv1)、急停止可(Lv2)、方向転換可(Lv3)
桃:ジャンプ2マス(Lv1)、4マス・硬ブロック可(Lv2)、6マス・硬ブロック可(Lv3)
黄:雄叫び(敵を止める):3マス(Lv1)、6マス(Lv2)、9マス(Lv3)
青:爆弾キック:2マス(Lv1)、4マス(Lv2)、6マス(Lv3)
紫:爆弾誘爆・アイテム判別の超音波:2マス(Lv1)、4マス(Lv2)、7マス(Lv3)

※ドクロ病気一覧

俊足:24速
鈍足:1速
ゲリ:勝手に爆弾を垂れ流す
不能:爆弾を置けなくなる
最低:爆風が最小
止まれず:移動すると、障害物に当たるまで止まれない
リバース:方向ボタンと逆に動く。コントローラを逆さに持つべし!
せっかち:爆破までの時間が短くなる
のんびり:爆破までの時間が長くなる
チェンジ:他プレイヤーと居場所を交換

※隠し要素一覧

・隠しキャラ出現:マッチプレー・Bリーグのセレクト画面でL+Rを一秒押し続ける
・バトルグループ2(昼)・3(夕)出現:ステージセレクトでX+Y+Zを一秒押し続ける
・バトルグループ4(夜)出現:オプション画面でハドソンパッド*1のスタートボタンを遅い方の連射でしばらく押しっぱなし

※バトル面一覧

Stage 1:オウジャヘノミチ(ノーマル)
1:タマゴあり、グローブ
2:タマゴなし、ブロックなし
3:タマゴなし
4:タマゴなし、24速

Stage 2:ファイアーゴール(ゴールシュートで炎)
1:タマゴあり
2:タマゴあり、矢印床
3:タマゴあり、トランポリン
4:タマゴあり、ラインボム、ベルトコンベア

Stage 3:ミツリンフカク(地雷ボム)
1:タマゴなし
2:タマゴなし、ビー玉
3:タマゴなし、ブロックなし
4:タマゴなし、ブロックなし、ブラインド

Stage 4:デザートハザード(流砂・竜巻)
1:タマゴあり、グローブ、ラインボム
2:タマゴあり、グローブ、ラインボム、小流砂*4
3:タマゴあり、地雷、ラインボム、流砂なし
4:タマゴあり、地雷、竜巻*4、流砂なし

Stage 5:ソラノカナタ(合体・ビー玉)
1:タマゴあり、グローブ、ビー玉、スピード変更
2:タマゴあり、グローブ、ビー玉、ワープゾーン
3:タマゴあり、ビー玉、合体なし、トラップなし
4:タマゴあり、スピード変更、ワープゾーン

Stage 6:ホップステップ(ジャンプトラップ)
1:タマゴあり、トランポリン
2:タマゴあり、グローブ、ゴム爆弾、シーソー
3:タマゴあり、合体、トランポリン、矢印
4:タマゴあり、グローブ、ゴム爆弾、シーソー、矢印

Stage 7:ニンジャハウス(畳がえし)
1:タマゴなし、グローブ
2:タマゴなし、ラインボム、矢印
3:タマゴなし、ビー玉、ゴム爆弾
4:タマゴなし、グローブ、ゴム爆弾、ワープ

Stage 8:キカイデゴーゴー(矢印)
1:タマゴあり
2:タマゴあり、グローブ、ラインボム、ベルトコンベア
3:タマゴあり、ワープ
4:タマゴあり、ゴム爆弾、ビー玉、グローブ、ワープ

Stage Wide:ホノオノセンシ(10人同時)
1:タマゴなし、ラインボム
2:タマゴなし、ビー玉、ベルトコンベア
3:タマゴなし、ラインボム、合体、矢印床
4:タマゴなし、全員フルファイアー、ブロックなし
  • 注1 : コレ→ 

※主人公です


ギーガー世界にまきこまれた主人公が、「あたまがいたいあたまがいたいあたまいたあたあた」と呟きながらうろつき回る、そんなゲーム。

このゲームは愉快堂本舗の管理人の方が非常に思い入れを持たれてまして、100本以上所有されてます。もちろん同じソフトを100本の意味です。もちろんダークシード2でなくダークシード1だけで、です。そろそろダークシードでログハウスが作れてるんじゃないでしょうか。

しかも彼は攻略ビデオまで作成されてまして、ダークシード素人の俺にでもその動きに無駄や迷いが見当たらないのが分かります。だって画面が切り替わる前から、常にカーソルが先行移動して待機してます。攻略キーワードは「先行入力」「ショートカット」「キャンセル技」らしいです。

これって実は格闘ゲーム?
1
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM