Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ゲーム > バカゲー
1 2 3 4 5 > >>

Tear −終わりとはじまりの雫ー(PS4) | 公式PlayStation™Store 日本

かつて自分は『ルートレター』をかなりこき下ろしたものですが、今となってはその評価は厳しすぎたのかもしれません。本作をプレイしてしまった(過去形)後では、そう思っても仕方がないのではないでしょうか。

学生時代は『ソードオブソダン』『デスクリムゾン』を嗜んでたというのに、息子も生まれて年老いた今となっては、本作を遊ぶだけの忍耐力が無くなったのかと痛感しました。

このゲーム、真のエンディングを見るにはすべてのバッドエンドも見ないといけないので、自然と再プレイが必要になるんですが、オプションでAUTO設定を最高速度にしてもかなり遅いんですよ。途中セーブもないからバッドエンドになったら章の最初からやり直すしかないので、これはかなり辛い。仕方ないのでAUTOモードにして選択肢が出るまで、もう一つのPCモニターでツイッターしてました。DOAX3で会得した逃避方法がこんなところでも役に立つとは……

なんかやっててかなり辛いので、自然と1日1時間以上は遊べませんでした。そうか、Tearは高橋名人だったんだー! な、なんだってーっ!

公式では20時間くらいクリアに必要と言われてたものの、合計5時間くらいでクリアはしたんですが、本当につらすぎて20時間くらい遊んだような気分でした。この点だけ見ても、ルートレターはシステム周りは快適で、おかしかったのがテキストというか人物描写だけだったのではないでしょうか。テキストゲーでよりによってテキストがおかしいってことについてはそっとしときましょう

そして本作をクリアした後、他の人の感想も見たいと思って、がんばって検索したんですが……どっかで見たことある人ばっかじゃんか。何故かルートレター勢しか結果に出てきてくれないという。みんな、腐臭を嗅ぎ当てる嗅覚が鋭すぎるぜっ……

とりあえずラー油さんのレビューを見たんですが、衝撃を受けました。

文字スキップが爆速なのでなんとかなるし

え?! 

のろのろAUTOで全バッドエンド回収したけど、あれって世間的には爆速って表現になるの? 

まさか、俺だけ操作しらないとかないよね。

まさか〜


R1のスキップ使わずにクリアしたのは、世界で俺一人だけなのかもしれない。5時間が20時間くらいに感じられる苦行に思えたのは気のせいではなかった……精神と時の部屋で苦行してた気分。

とここまで書きましたが、これを読んでる未プレイの人たちには「で、何がそんなに酷かったの?」と疑問に思われてるでしょう。その点に関しては他の皆さんの魂の叫びを一通り見ていただいた方が効果的だと思い、togetterにまとめてみました。

togetter:Tear ―終わりとはじまりの雫―

『ルートレター』のときは、本人たちは真面目なのにシュールなことになっている『彼岸島』的な楽しみ方をしてたと思うんですが、本作の場合はそういう余裕があった人は少なかったのではないでしょうか。テキストだけではなくありとあらゆる要素がツッコミどころ満載すぎて恐ろしいですが、これを発売しようと思った会社の判断能力が一番怖すぎます。



真エンド(トロフィーコンプ)までやったものの、「え?うそ?なんで?」とも思わなかったし、涙も出ませんでした。広報担当2号氏の感性がそうとう個性的なのかと思いましたが、もしかするとこれは「なんでこんな出来になってしまったの?(悔し涙)」という心境をオブラートした結果なのかもしれません。

いやー、これはアドベンチャー史に残ってしまうかもしれないですね(もちろん悪い意味で)。個人的にはTear以前、Tear後でアドベンチャー史を分断しちゃった感があります。少なくともルートレターの評価が(相対的に)上がってしまったというのは事件です。

5時間程度で無二の体験ができてしまうので、未プレイで物好きな方はぜひともこの怪作に手を伸ばしてみてはどうでしょうか。正直、あまりにも売れなくていつまでもストアに並んでる保証も無さそうな気がしますし、チャンスは今しか!(無責任に煽って終わる)



2018/02/19追記

考察ブログが無いか探してるんですが、未だに存在しないようなのでツイッターからの拾い物を貼っておきます(トロフィーコンプリート後の閲覧を推奨します)。



やはり画面ノイズ<ジラジラ>の無いシーンが鍵になりそうですね。

考察ブログなどがこの世に存在したら、教えていただけると幸いです。



2018/02/24追記

考察が完了した人を見かけないと思ってましたが、無理もなかったようです。


まさか公式からじきじきに、理解するにはまだ早すぎると言われるとは……




まだまだ2030年になるまでは、考察が途絶えそうにはありませんね。
√Letter ルートレター PREMIUM EDITION
√Letter ルートレター PREMIUM EDITION

角川ゲームス
PlayStation 4
2016-06-16



ラブプラスのファンで、ミステリーは大好きだし、アドベンチャーゲームも嗜む、とくれば買うしかないでしょ! だって制作陣も自信たっぷりみたいだし!

そう思いつつもシナリオ担当の藤ダリオという方の名前でググったら、すごい評判だったんですよ。悪い意味で。良い評判を探し出すほうが難しいレベル。俺が大学生だったらならともかく、社会人で一児の父でもあるので、結局手を出さずにいました。チキンと呼ぶなら呼べばいいさ。時間は大事に使うものでしょ。

そして発売した頃になると、予期してたとおり、仕事がかなり忙しくてゲームなんて全然できない状況だったのですが、たくさんのルートレターの感想見てると、あろうことか遊びたくなってきてしまったのです。これはあれですかね、カリギュラ効果ってやつですか。禁止されるほどやってみたくなる心理現象。押すなよ、絶対に押すなよ!(←微妙に意味が違う)
ファイナルファンタジー15が発売されたので、おにぎりに心を奪われた身としてはダウンロード版を購入してのんびり遊んでいるわけなんですが、それはそれとしてえらく気になるゲームが発売されちゃったんですよ。


ACE OF SEAFOOD | Wii U | 任天堂


遥かな未来の海、人は姿を消し、魚や蟹は光線を放ち、戦っていた。
今、目覚めた貴方もまた海産物だ。

まず初めに、海産物になりたいという、ヒトなら誰しもが持つ欲望を曝け出してください。(公式サイトより抜粋)


なんというか控えめにいっても、電波だと思います。

俺も昔はソダンやデスクリムゾンを嗜んでた身ですから、ちょっとこの存在は無視できないな、と思ってさっそく遊んでみました。もう怖いもの見たさしかない。

自分でもどうなるか分からないので、タイトル画面からずっと録画しながら遊んでたんですが、なんかもう最初から圧倒されて、チュートリアル終わった直後くらいでプレイを終えてしまいました。とりあえず初回プレイを動画にしてみたので、アップしてみます。



以下、心の中のツッコミを羅列してみました。動画を見てから読んでいただいた方が、俺の気持ちが分かっていただけるかと。みんなにもおすそ分けしたい、この戸惑い。

  • 鯛の口からビーム?!

  • 戦艦もシーフードだったんだ?!

  • 俺の素性って、イワシか鮭か伊勢海老のどれかなんだ……

  • せっかくだから、俺はこの赤い伊勢海老を選ぶぜっ!(赤くない)

  • かっこよさげなナレーションだけど、冷静に考えると全然意味がわかんない

  • 『この世界では多くの生物が射撃能力を持つ』

  • わからない

  • 『この世界では多くの生物が射撃能力を持つ』

  • わからない

  • 『この世界では多くの生物が射撃能力を持つ』

  • わかる(ここはオープンワールド・ダライアス! そう思うことにした!)

  • 『生物は種ごとに異なる複数の能力を持っている』

  • わかる(何もわかってないけど)

  • わかる(何もわかってないけど)

  • わかる(何もわかってないけど)

  • わかる(何もわかってないけど)

  • 脱皮をしただけで足が生えたっ!!

  • 繁殖? 遺伝情報?

  • とんだっ?! ビームサーベルの反動でっ?!

  • なんかよく分からんけど、疲れたのでちょっとやめとこう……

  • えっ、まだ五分しか経ってなかったの?


どんなエンディングが待ってるか想像もできないんで、FF15と並行してのんびり遊んでいこうかと思います。なおバグがあるらしいので、パッチ来るまでは遊ぶ時は注意した方がよいみたいですよ。


わかる ▶わからない
バードウィーク
バードウィーク

東芝EMI
FAMILY COMPUTER
1986-06-03



家庭用ゲーム黎明期の未曾有のブームに乱造されたゲームの数々の中でも、かなり際立つ存在。

なんでオレはこの手のブツを回りくどい説明をしたがるのでしょうか。一言で説明しましょう。クソゲー。

ちなみに全部で999面あるらしい。

なおこのゲームのせいでかつて夫婦喧嘩になりました。今となってはいい思い出……じゃねえ!
やあ、ひさしぶり。え、ぼくは だれ かって? ぼくの なまえはぴろみぃさ! てんかの にんてんどー から、おえかきかんかくで いきものを つくろう、って かみをも おそれぬ きゃっちこぴーの げーむが でた ときいて、これは ぼくの でばんだ、ってはりきって いるのさ!

むかしと ちがって、すれちがいつうしんや きゅーあーるこーどで はいふが できる だなんて、ぎじゅつの しんかは すごいね。もうそうで いってた ことが じっさいに じつげん されちゃった のを みてると、ぎじゅつの むだづかい って ことばが これほど ふさわしい げーむも めずらしい とおもうよ! 

さっそく、ぼくが ぜんしんぜんれいを こめて てきとーに つくった ばけもの、じゃなかった くにゃぺ たちを しょうかい するよ!


まおうマーラ
なまえ:まおうマーラ
きねんすべき さいしょに つくった きめら、じゃなかった くにゃぺ だよ。まみりんに みせたら、「だーりんの かく ちんこは、どうして いつも ほそいの?」って いわれずに すんだけど、むごんで めを ほそめられて しまったよ。ばとう された ほうが きぶんが らく だったね、と のちの ぼくは かたった といいます。


まみうさモドキ
なまえ:まみうさモドキ
ぼくが つくった にしては かわいらしい けど、みみが じつは はねで できてる から、とびます、とびます! みみの かたちが うーぱーるーぱー っぽい よね。そういえば まみりんの ままが うーぱーるーぱーを かいはじめた らしいよ。さすが まみりんの ちすじは ものが ちがう よね。


せんしゃ
なまえ:せんしゃ
ぼく、あんま くるまとか きょうみ ないんだよね。きかんしゃとーますが せんしゃに なったら こう かなぁ、って かんじで つくって みたけど、なまえは ひねりも なにも なくなっちゃったね。ぱーつ あわせ だけで つかれちゃったよ。


げっそん
なまえ:げっそん
このころ になってくると、いきもの づくりに あきてきて、とりあえず ってかんじに なってきた んだよね。すーぱーまりおの あれ みたいに したかった んだけど、なんで こう なっちゃった んだろ。ぱーつが たりない せいだよね、きっと。


まみうさ
なまえ:まみうさ
えごころ もってる ほんにんが つくると、やっぱり かわいいね。なんで ぼくが つくると、どこか まがまがしく なって しまうのかなぁ?


ケロリン
なまえ:ケロリン
まみりんが「ぶひんが たりない」といいながらも つくってたよ。じっさいに かえるが すき だからか、わりと かわいく できたんじゃ ないかな。


あーちゃん
なまえ:あーちゃん
まみりんに むすこも つくって、って いったら かいがいあにめに でてきそうな、じゃがいも みたいなのが うまれちゃった。ちなみに かみのけが つばさで できてる から、すいすい おそらを とんでいく んだよ。


ゴンタ
なまえ:ゴンタ
まみりんに おまかせで つくらせて みたら、ちょさくけんてきに どうなんだろ、ってのが できてたよ。でも このさいとで いまさら ちょさくけん ということばを ろんじる だなんて、どうかしてる とおもう ので、ふつうに こうかい してみる のさ。


はな
なまえ:はな
まみりんに、いいから はやくつくってよ、っていったら さいごに つくってくれた くにゃぺ だよ。だから なまえに きあいも ひねりも ないけど、そういうもの だと あきらめてね。とまってると たいした こと ないけど、うごいてるのを みてると、なんか ひとでも たべそうな ふんいきだよ。


きのこのこのこ
なまえ:きのこのこのこ
はやく ごたい つくって、なにが おこるか たしかめたい なぁ、って いう やっつけかんかくが にょじつに あらわれてる とおもうんだ。じぶんで つくっておいて なんだけど、これ なんだろう? いきもの というか、いきもの? って かんじ だよね。

みためも あれ だけど、うごいてるのを みると さらに きもちわるい から、ゆーちゅーぶに あっぷ してみたよ。むすこの こえも はいってるけど、ぶきみさが かんわされる って かんがえてくれると うれしいな。





すこし あそんでみた かんそう としては、ようじむけの ふり して、ひとを くった びーじーえむも いいあじ だしてるし、しっかり つくりこんでて おもしろいな、ってかんじ だよ。あっぷろーどけいじばんもあるし、いろいろな ひとが どうがを うぷ してたから、しょうかい してみるね。そういくふうが あふれてて、ために なると おもうよ。











ちなみに ぼくの ほしの なまえだけど、「ピロミィせい」にしたよ。この ほしを たような いきものたちで いっぱいに したい、って ねがいを こめている のさ。これから あそびこんで、ぱーつが ふえたら もっと いろいろな けんぞくを しょうかん できる はず だよね。

ふくおかし ほうめん のひとは、すれちがいつうしんで ひどいのが とどいちゃう かもしれない けど、いぬに かまれた ような もんだ、って ひろい こころで みのがしてくれる と うれしいな!
仕事が忙しくて更新する暇が殆どないんですが、あまりにも衝撃的な事件なので更新せざるをえません。

なんと、あのパペットズーピロミィがPS3のゲームアーカイブで配信*1されちゃいました!(意図的に過去形で表記)

「パペット ズー ピロミィ」は、積み木遊びの感覚でお楽しみいただけるシミュレーションゲームです。簡単な操作で様々な動物のパーツを組み合わせ自由に動物を創り、自分で創造した動物達がいる自然の中での探検をお楽しみいただけます。

あまりにも信じがたかったので即ダウンロードしてみましたが、本当に遊べたので軽く驚きました。この文章を読んで「なに当たり前のこと言ってるの?」って思う人は、このゲームの本性を分かってないと思いますので、過去記事を読んでみてください。そのうち子供が事件を起こして発禁になる可能性がゼロだとは言えないと思いますよ?

このゲームのことを分かった上で、公式サイトの作品紹介文を読みかえしたら「積み木感覚で」って部分がいかに生命を冒涜してるか理解していただけるのではないでしょうか。文体はしごく真面目なのに、なにこの生命へのDISりっぷりは。

とまぁ色々と驚いたのでまみりんに「パペットズーピロミィがPS3でダウンロードできた!」と伝えたら、まみりんはもちろん子悪魔のような笑みを浮かべましたが、偶然なのか息子までもがものすごく嬉しそうな笑顔をしたので、この子の将来が少し怖くなりました。

情操教育として遊ばせるには、あまりにも危険すぎる。情操教育というよりもむしろ情操狂育。でもいつかやらせてみたい気もする。父親としての苦悩がのしかかってきた今日この頃。
  • 注1 : つまりPSPにもダウンロードできちゃうので、自慢のキメラ達を見せびらかす事ができちゃいますね! PSPで持ち出そう、君の怪物ランドを!
超兄貴 究極無敵銀河最強男
超兄貴 究極無敵銀河最強男

メサイヤ
PlayStation
1995-12-29



初代のPCE版*1をそのまま実写化しちゃいましたといった感じなのですが、余計なシステムをつけてゲーム性を壊したりせず、実写ならではの破壊力を前面に押し出してる感じが凄く好感触ですね。

万の言葉よりも一つの動画、そんな超兄貴ワールドをご堪能ください。





あとついでに超兄貴 〜聖なるプロテイン伝説〜に動画を追加しておきました。来年初頭に発売するPSP版が、まともなデキになるように祈ってます。
  • 注1 : Wiiのバーチャルコンソールで遊べます。凄い世の中になったものですね。
Wii のバーチャルコンソールで配信もされてる、ポージングゲーム*1です。

  • 注1 : 公式サイトでは「ジャンル:ポージング」となっています。
サン電子の完全確信犯なバカゲー。十分変なのですが、本人達が自覚的に変なものを作ったという感じなので、バカなんだけどマトモというか安心して見れる感じがします。



とはいえ、その種のマニアとしては、無自覚に出来上がってしまった何かの方が、安心して見れないというか、怖いもの見たさを満足させてくれるというか、ハラハラ感を満足させてくれるような気がしました。
スーパーファミコン全盛期に数多く出現した原作付きゲームの中でも、ひときわアレな感じな作品です。



カブキ度という謎なメーターの存在が見所かもしれません。違うかもしれませんが。
1 2 3 4 5 > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM