Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ゲーム > SFC
1
ファミコンがでた頃は小学生6年の12歳だったと思いますが、あれから30年以上たってもゲームをしてるとは当時想像もしてませんでした。すみません、嘘です。ゲームをやめる日がくるとは想像もしてなかった、が正解です。

とはいえ、社会人になって忙しくなり、ゲームも昔ほどは遊ばなくなってました。たまにやるにしても、昔みたいに攻略しまくるとかではなく、少し遊んでは疲れてしまう、みたいな感じでどっぷりやることはあまりありませんでした。

しかし息子が生まれ、少しずつ一緒に遊ぶようになると、ゲーム熱がいつの間にか再燃してきたようです。息子が遊んでて楽しそうな笑顔をしているのを見ていると、ゲームの本質とでもいいましょうか、楽しい、という原点を思い出した。

思えば任天堂は昔から子どもの味方だったと思います。自分で遊びたいゲームは他社のも含めていろいろ不謹慎なものとか色々ありますけれど、息子に遊ばせたいゲームとなると、やはり任天堂一択になってしまいますね。

昔は十字キーもうまく押せず、スーパーマリオで最初のクリボーのところまですら行けなかった息子も、パパの3DSを勝手に持ちだしてリズム天国を楽しむようになってきました。

そんな息子と、週末に遊んでみようかな、と思っていろいろダウンロードしてみました。ファミコンのゲームってシンプルですけれど、遊んでてなんか面白いですよね。うちの息子は見た目の豪華さとかをあまり気にしないので、楽しんでくれるんじゃないかと期待しています。






楽しいゲームを沢山ありがとうございました。

この先も、息子と楽しく笑顔でゲームを遊ぶ、そんな日々が続けばいいな、と思います。


バウンドする卵を角度を決めて投げるというアクションが楽しいですね。

普通にクリアするだけならそれなりに簡単ですけれど、100点満点を取る(ノーミスクリア)ことで出現する超絶な隠し面が豊富で、色々な腕前のプレイヤーに楽しめる作りになっています。

思えば大学院入試の前に、このゲームで100点満点取るのに夢中になりすぎて、院試の点数は酷いもんだったですけれど、あれでよく合格できたなぁ。

任天堂のゲームは、ただクリアだけした場合と、やりこみ要素の難しさ加減のバランス取りが絶妙ですね。

今からスーパーファミコン版を遊ぶのは環境的に難しいと思いますが、今だと移植作がありますね。WiiUのVCがお手軽に楽しめるし、中断セーブもできるから遊びやすいんじゃないでしょうか。

スーパーマリオアドバンス3
スーパーマリオアドバンス3

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2002-09-20




未プレイの方は是非、遊んでみてはいかがでしょうか。
サン電子の完全確信犯なバカゲー。十分変なのですが、本人達が自覚的に変なものを作ったという感じなので、バカなんだけどマトモというか安心して見れる感じがします。



とはいえ、その種のマニアとしては、無自覚に出来上がってしまった何かの方が、安心して見れないというか、怖いもの見たさを満足させてくれるというか、ハラハラ感を満足させてくれるような気がしました。
スーパーファミコン全盛期に数多く出現した原作付きゲームの中でも、ひときわアレな感じな作品です。



カブキ度という謎なメーターの存在が見所かもしれません。違うかもしれませんが。
http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_hc3/index.html

SFCの知られざる名作RPGが、遂にWiiのバーチャルコンソールで復活しました。今まではオススメしようにもプレイ環境を用意するのが難しいから感想とか書くのを避けてたのですが、これで悲願達成ですよ。とは言え、いざとなったら時間が経ちすぎてて、何を書くべきかが難しいところでありますが。

正直言うと、今の時代にこの作品をプレイするのはかなりシステム的につらいといえます。見た目的にもそうですし、移動速度も微妙な感じだし、戦闘シーンに至っては特筆するような奥深さとかも特にないし、そのうえ進行速度がかなり遅めでかったるいのは否めません*1

それでもオススメする理由といえば、シナリオの素晴らしさに尽きます。記事冒頭にリンクはってて言うのもなんですが、公式サイトのストーリー解説は読まずに、先入観を完全に無くしてやるべきですね。最初は「レイオンの日記とかセリフとか、少し変わってて妙な味わいはあるけど、まぁ良くあるRPGっぽい感じかなぁ」程度にしか思ってませんでした。しかしとある中盤のイベントを境にこの勘違いは一変します。全く想像してなかった怒涛の展開に驚愕し、その時になって初めて分かるような今までの細かい伏線の数々に感嘆し、単純な勧善懲悪ではない重厚で深い物語に感動することになろうとは。あの時の衝撃は15年近くたった今でも忘れられないくらいです。

そんなことを思い出しつつ、昔読んだ小説を再読するかのような感覚で、時間のあるときにでも再プレイしてみようかな、と思ってダウンロードしました。そして将来、自分の子供に是非プレイさせておきたい、という気持ちも込めて。名作はいつプレイしても、その本質的な部分は色あせないと信じて。
  • 注1 : 唯一の救いといえば、Wiiボタンで中断すると、ゲーム中にセーブしなくても再開プレイが出来るので、社会人にも優しいところでしょうか。セーブできずに眠れないゲームは困りますよね。正直、GBAかNDSに移植してシステム的に改善して欲しかった気もしますが、この名作が多くの人々に手軽に楽しめることができるようになった事実を今は喜びたいところです。
やたらとイエローカードを取られたり、パスが異常に難しすぎかったり、とかなりアレなできばえです。一人でまっすぐ敵地にドリブルしてシュート、って攻略するしかないサッカーってどうなんでしょうか。



この数日後、敵を殴ってボールを奪えて反則も取られないレッスルボール*1をメガドライブごと購入するに至るのでした。そういう意味ではこのゲームにはいい出会いをありがとう、と言うべきなのかもしれません。絶対言いたくないけど。
  • 注1 : あまり知られてませんがかなりオススメなスポーツ?ゲーム。一人用も爽快でいいけど対戦がアツイ。ナムコアンソロジー1にも移植されてますので、興味のある方はこちらを手にしてもいいかもしれません。Wiiのバーチャルコンソールで出てくれるとありがたいんですけど。
世の中には天然に出来上がってしまったバカゲーと、意図的に作られたバカゲーがあると思うんですが、これは完全に後者ですね。こんだけやりたい放題な企画通せる会社はすげぇなぁと思ったんですが、あんまりにもフリーダムすぎてか1997年以来ゲーム出してないみたいです。ヒューマンといいデータイーストといい、不景気でさえなければなぁと残念な思いでいっぱいです。



ゲーム内容としては、ファイナルファイトに代表されるようなベルトコンベアー型アクションなんですが、システム的に面白いのがステージクリア時に拾った食材の組み合わせで料理を作って、それによって回復量が違うってところですね。動画では最強の食材の組み合わせを試してみました。果たして、その効能やいかに?
かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄
かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄

チュンソフト
PlayStation2
2002-07-18



本編の推理パートは、仕掛けや展開は好きだけど、推理っぽくなってないあたりが少し不満でしたが、大まかに言えば好きです。しかしもっと他のパートの方が魅力的すぎて。

軸となる話を元に様々なパラレルワールドが垣間見えるのが堪りません。同じ人物が違う話ではまるで違う役回りだったり、同じ事実が違う伏線として作用していたり、似たような演出なのにまるで違う印象を与えてくれたり。個人的には「妄想編」がかなりお気に入りです。

こういう分岐のある演出・構造はゲームならではといったところでしょうか(個人的にはゲームでこういう演出を最初にやったのは『リンダ キューブ』ではないかと思っているのですが、どうなんでしょうかね)。

リンダ キューブアゲイン PlayStation the Best
リンダ キューブアゲイン PlayStation the Best

ソニー・コンピュータエンタテインメント
PlayStation
1997-09-25



物語的だけではなく、PS2での表現の限界に挑んでいる感じも好みです。技術的という意味だけではなく、見せ方という意味合いで。人物がシルエット表示されるのをいいことに、まあ色々なチャレンジブルな表現のオンパレードでして。「バラバラになった青いシルエット」を見たとき、最初にコンマ一秒脳に空白、そしてその物体の意味に気付き、背骨に戦慄が。その想像力を喚起させる方法は衝撃的でした。直接血や肉を見せまくるよりもゾッとします。

これは映画でもない、アドベンチャーゲームでもない、サウンドノベルだ。そういう拘りがにじみ出てますよね。表現方法としてある意味、映画を超えているんじゃないかと感じました。とはいえ、もしかしたらこういう映画があるのかもしれませんけれど。世界はかなり広く深いものであることですし。
不思議のダンジョン2 風来のシレン
不思議のダンジョン2 風来のシレン

チュンソフト
SUPER FAMICOM
1995-12-01



「アレはヤバい」

「生活がアレ中心になる」

「やるとやめられなくなる」

「かっぱえびせん」

といった感じでこのゲームを熱っぽく語る彼らの表情を見て、決して手を触れてはいけないと思ってました。俺なんか間違いなくイチコロです、間違いなく。自分の自制の無さは良く分かってます。だから酒や煙草や賭け事、麻薬には手を出しません。修論直前にバイオ2を4シナリオ全てクリアしたりしてM教授の顔色をブルーに染めたりしていません。

そんなある日、部室でくつろいでいるとハマー(そのうちコイツについても書きます。合い言葉は塩スパ)なる男がニコニコしながら捲し立てます。

「先輩、シレンが2000円で新品で売ってたよぉ〜! ダイエーで、安いですよぉ〜! お買い得ですよぉ〜!」

1000回遊べるゲームが2000円、って事は一回2円ですよ?  50回プレイしないと缶ジュースも買えやしません。

でも……今ハマルとヤバイなぁ……だって今は修論を控えた10月です。ゲームをのんびりやってる暇はない筈です。そして葛藤のあまり俺悪魔と俺天使が降臨し(中略)買ってきました。 

シレンって、チュンソフト製の割に意外に知名度が低いですが、知ってる人は知ってます。そしてやたら熱く語りたがります。ゲームの特徴としては、アイテムがランダム、マップもランダム、敵もランダム。それゆえにずっと楽しめます。1000回楽しめるRPGとありますが、全く誇張ではないです。

で、購入したが運の尽き、やっぱりはまりました、俺。昼も夜も無く、無節操に。学校かバイトか食事してるか寝てるかシレンか。そんな感じだったので自然とまみりんの事はほっときました。ほんでやっぱり怒られました。

「こんなゲームのどこがいいのよ!」

そう言ってパッドを握るまみりん。そしてそのまま5時間経過。ミイラ取りがミイラになる、とは良く言ったものです。

それから熱い戦いが始まりました。当然俺とシレンではなく、シレンを巡る俺とまみりんの、です。もう一本買えていれば問題なかったんですが、既に売り切れ。そんな訳で一個のカセットを巡ってしのぎあいます。

俺が急いで学校から帰って来ると、何故かドアが開いていて、何故かまみりんが俺の部屋にいて、何故かパッドを握っていたりしたのも数え切れません。でもそんな日々は結構あっさり終わりました。とあるダンジョンが難しくて、まみりんが投げ出したからです。

そんなわけで俺だけがシレンをする日々が続きます。それはもうあっさり睡眠不足の日々。ほんでやっぱりまみりんをほっときます。ほんで案の定まみりん、キレました。

「私とシレン、どっちが大事なのよ?!」

シレン!

……と言えるほど俺も根性が無かった、って事ですかね。シレンはもうしないと誓い、血の涙を流しながらカセットを棚の奥深くにしまいこみました。「最終問題、もう少しでクリアできそうなのに……」とか小声で呟きましたが、睨まれたので小動物のように震えました。

そんな、ある夜。一人で寝ていると、なにか物音がするので目が覚めました。なんか、奇妙な音楽が鳴っているような……メガネが無いと、裸眼0.01以下の俺には何も見えません。でも、何となく分かりました。

なんか人がいるみたいです。テレビもついてるみたいです。その人、身動きせずにじっとテレビの方向を凝視してます。何となく緊張しているようだと分かります。なんか考え込んでます。そしてしばらく考え込んで一人で頷くと、何かを手にしました。そして……

ドドン、ドドン、ドドドドドン……太鼓が鳴りました。

俺には画面は見えません。見えはしません。でも……

「まみりん、盗みに失敗したようだね。ゲームオーバーの太鼓の音が良く聞こえるよ

まみりん、驚いて振り向くと、必死に弁明を始めました。まさか夜中に忍び込んでシレンして、ばれないとでも思ってたんでしょうか?

「違うの、コレは違うの!」

「何が?」

「コレは……仕方なかったの!

「何が?」

「……ごめんちゃい」

その後、最終ダンジョンの60階でワナに躓いてアイテム喪失して以来、シレンはやってません。その後、まみりんが最終ダンジョンを99階までクリアしたからではないです、決して。

そして2002年、ドリームキャスト版シレンが発売されました。その後の嶽花家の惨状は、あなたが想像しているとおりかもしれません。
1
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM