Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ゲーム > GBA
1
もう十年以上前に残してたメモから、なんとか記憶を探りつつ、感想を書いてみます。

MOTHER3
MOTHER3

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2006-04-20



紆余曲折あり一時期はもう発売されることはないのでは、と思われた作品ですが、遂に手にする時がきました。MOTHER3出演応募のあとに開発中止ときて、GBAで開発再開と聞いた時は、本当に驚きました。

ゲームシステム的には装備画面が間右、アイテム受け渡しめんどう、行く順番がわかりずらい、敵が強いといった欠点ぽいものはあるものの、他のゲームにはない強烈な個性があって、それを味わうためにゲームをしている、といった感覚でした。

普段はRPGで戦闘シーンがきらい、と言ってるくらいなんですが(じゃあなんでRPGしてるんだと)、本作においてはとある場所だとポストを見て回るため、セリフを聞くために敵にぶつかって行ってましたね。セリフ一つ一つに糸井重里氏のセンスが込められていて、言葉を味わう楽しみがありました。

テレビじゃない箱、ドアノブ、など色々考え込まれてるシーンがありましたね。死の概念を避けてきた今までのMOTHER2に比べるとけっこう欝ですね。MOTHER2と同じノリで遊ぼうと思ってたら、序盤からガツンとくる辺り、「今までと同じと思うなよ」と暗に宣言されてるように感じたものです。

演出的には、ラストまぎわでけっこう驚かされたり、エンディングは簡素すぎるようでいてあれはあれで想像力がますので、なんだかんだで良い演出だったと思います。いろいろな隠喩が含まれているという風にも勘ぐれる余地があるというか。

奇妙で、おもしろい。そして、せつない。

キャッチコピーの通りだと思います。本作については、MOTHER2を遊んだ子どもたちが、大人になってから受け取ったビターな贈り物、といった風に受け止めています。

当時は思い入れが大きすぎて何を書いていいか分からず、そのままメモだけ残して十年たってしまったわけですが、やはりその時の感情を言葉にして書き留めておいた方が良かったなぁ、と思ってしまいました。

今でも面白かったという漠然とした想いは忘れてませんが、その時に感じたものをそのまま勢い良くぶつけるべきだったのだと。まぁそれ言い出したら、MOTHER2はラストで唯一泣いたゲームということしか覚えてなくて、記事にすら書けそうにないですし。というか当時はネットも触ってなくて、ブログに感想を残すという習慣すら無かったので、仕方ないといえば仕方ないんですが。

いろいろ書いてきましたが、はっきりと言えるのは、自分の心の中に残った、大好きなゲームの一つであるという点です。WiiUのVCでシリーズ全部購入済なので、そのうち息子が大きくなったら遊ばせてみて、どんな感想を言うのか聞いてみたいところです。その日が訪れて、親子ともども楽しめる日が今から待ち遠しいです。
WiiUのバーチャルコンソールって、ゲームパッドだけで遊ぶと一見快適そうなんですが、ドットがクッキリしてないものばかりらしくて、その辺りが気になる人にはよほど思い入れがないと手を出しづらいなー、と思ってました。

そういう心境なので、WiiUでゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソールが出るという発表を最初見たと聞いは「ふーん、あっそー」くらいの感想だったんですが、開発がエムツーと聞いた瞬間にテンションが上がってまいりました!

エムツーといえば、わかってる移植っぷりが凄まじい会社です。最近のセガの3D復刻プロジェクトの出来の良さといい、DS版のゼビウスの移植で画面焼けの有無が選択可能とか付けるセンスといい、単純な移植だけにとどまらない素晴らしさなのです。
逆転裁判3 NEW Best Price!2000
逆転裁判3 NEW Best Price!2000

カプコン
Nintendo DS
2008-04-24



ナルホド君が主人公のシリーズ三部作の完結編、とあってサービス精神旺盛で盛りだくさんな内容でした。いきなり3から始める人は居ないと思いますが、1・2と続けてプレイしてきたほうが過去シリーズのキャラも出演することもあって、楽しみやすいかと思います。

GBA版だけでNDS版は発売されてません*1が、以前から気になってた裁判シーンでの既読スキップできない件が解決されてたので、かなりプレイしやすくなってます。探偵パートの移動のちょっとした不便さだけが心残りですが、まぁ許容範囲ですね。

シナリオですが、これは好き嫌いが分かれる内容だな、と思いました。



この件についてはとりあえずプレイしてもらって、どう感じるかでしょうね。個人的には3の最終話は脳内ゲーム史上に残るくらいのインパクトがありました。シリーズの今までの話だったら、裁判が進めばある程度真相が想像できてきたのですが、今回の最終話は本当に全然予想がつかなくて、久々に先の展開が読めないというドキドキ感を味わえて良かったです。個人的には推理モノの限界を超えたんじゃないかと思ったくらいです(それゆえの批判はもちろんあるでしょうけれど)。

なにはともあれ、とにかく理屈ぬきで先の展開が気になって、プレイ中断できずに熱くのめり込んだゲームは久々でした。次回作の4にも期待が高まります。
  • 注1 : 2008/4/24にNDS版が発売されましたので、今からプレイするならこちらをオススメします。
最近ゴタゴタしてすっかり忘れかけてましたが、ファミコンと聞いて思い出しましたよ、ゲームボーイミクロファミコンカラーの2コン用プレートが届いてたことを。

あけてみた

カバーだけ届くのかと思ってたら、なんと豪華なモックにくっついてたので、知らない人が見たら本体そのものに見えます。と言うか実際まみりんに見せたら「なんで二台も買うんよ!」と怒られたくらいです。さすがの俺もゲームボーイミクロは二台買わないっての。ニンテンドーDSなら買うけど。DSは幾らあっても困らないし。

なにはともあれ、せっかく届いたのでプレートを付け替えてみました。素晴らしい。思わず「あ〜なた〜のたぁ〜めな〜らど〜こおま〜 でも〜♪」って歌いたくなるくらい。

つけてみた

あまりにもったいないので、写真撮影が終わったら元のプレートに付け替えておきました。今のプレートが古くなったら付け替えようかな。というかミクロのプレート販売とかどうなってるんでしょうか。割とアレ楽しみにしてたんですけど。
PLAY-YAN micro & MediaStage セット
PLAY-YAN micro & MediaStage セット

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2005-09-13



自転車通勤で片道30分くらいかかるので、その間の時間に何かできることないかなって思いました。音楽とか聴きながらだったら少しは気が紛れそうですが、世間一般のMP3プレイヤーは高性能なのはいいんだけどお値段も高くなります。そんなに大量に聞かないし、手軽に聞ければいいんだけど。

というわけでPLAY-YAN microを購入してみました。CD類は全部MP3化して実家に送ってしまった身としてはまたMP3へエンコードする苦労は考えたくなかったんですが、PLAY-YAN microだとMP3ファイルをSDカードにコピーするだけで簡単に動いて安心しました。特定のフォルダを作らないと読み込まないとかそういうややこしいこともなく、今回はPanasonicの1GのSDカードを使って説明書も見ずにそのまま使えちゃいました。

音楽に関してはかなりのド素人なので、とりあえず聞ければいいや、くらいのレベルで使用感を語ってみます。
ガンスタースーパーヒーローズ
ガンスタースーパーヒーローズ

セガ
GAMEBOY ADVANCE
2005-10-06



アクションが好きな人で、前作にあたるメガドライブ版の『ガンスターヒーローズ』*1を未プレイの方なら気にせずに買っちゃいましょう。ゲームそのものは大変面白いですから、Wikiとか見たり見なかったりしつつ遊びこんでみるべきでしょう。

遊ぶとしてどの機種で?ってのが悩みどころですが、ニンテンドーDSだと十字キーが微妙ですし、ゲームキューブのGBAプレイヤーは快適なもののドットが少し荒く見えてしまう感じもありますし、GBAミクロやGBASPなどが画面が引き締まってて綺麗だし持ちやすいので正解かもしれません。

さて。これから俺が書くのは自分の中の思い出を無視できないおっさんゲーマーの独り言です。だからあんま読まないほうが、今後のためにも偏見が無くていいかもしれません。この先は本音で書きますよ、奥歯にものが挟まったような微妙な表現とかする気はないですよ、覚悟はいいですか、いいですね!
  • 注1 : ガンスタならゲームギア版PC版もあるじゃねえか!って捻くれた方も嫌いじゃないですよ。でも俺はオリジナルのメガドラ版が、あの黒いパッドでプレイするのがいいの! ナナメへのはいりっぷりが良くない3ボタンのパッドが好きなの!←ねじれてます。
まわるメイドインワリオ
まわるメイドインワリオ

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2004-10-14



前作の『メイドインワリオ』もかなりの面白さでしたが、今回も素晴らしい出来栄えです。ミニゲームの種類の多さやテンポの良さやアホさ加減は相変わらずですが、一つだけ大きく変わったところがあります。

本作では十字キーは全く使わず、本体を左右に回すことで遊ぶのです。本体を回転するとカートリッジが振動するのが実に心地よく、操作しているだけで楽しくて仕方がないです。

でもこれ、街中ではちょっとプレイできないですね。知人にプレイさせて冷静に見守ってたんですが、どこに出しても恥ずかしいこと間違いなし。まぁそれだけみんな必死にのめりこんでプレイしてる、って言い方も出来ますけどね。

というわけで理屈ぬきで楽しいので、レッツ回転!
メトロイドゼロミッション
メトロイドゼロミッション

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2004-05-27



初代ディスクシステム版のリメイクということでどのくらい変化があるか(ないのか)正直心配だったのですが、完全に杞憂に終わりました。新作と言ってもいいくらいマップが作り変えられてて、それでいて初代をプレイした人間には懐かしく思えるようなポイントもあるので、未プレイの人も初代プレイヤーもプレイすべし。

難易度的にはそうでもないのですが(難易度ノーマルでの話です)、それでも十二分に楽しめるのはメトロイドシリーズの楽しさが探索に込められているからでしょうか。他のメーカーじゃ真似できそうになさそうな巧妙なマップで、まさかこんな行き方じゃないよね、と思いながらチャレンジしてみてそれが正解だった時の嬉しさときたら。

初代プレイヤーが気にしている例の第二部ですが、あれも面白かったです。敵に見つかるとかなりヤバい事態になるので、自然と敵から隠れながら少しずつ進んでいくことになり、かなり新鮮でした。今までプレイしてきてすっかり操作が身についた後で、難易度が高いこのモードをプレイすることになるので丁度いいのでは。

今回はアイテム集めがある程度親切になりました。アイテムのある部屋にはマークがつき、ゲームクリア後にはそのエリアにいくつアイテムが残されているか分かるので、ある程度予測をつけながらアイテムを探すことが出来ます。それでもなかなか見つからないのがやはりメトロイドとでも言おうか、相変わらず奇妙なところにアイテムが隠されていて面白すぎます。

公式サイトではタイムアタック大会が行わました。ちなみに二種類あって、とにかく最短時間を競うものと、アイテム100%でのクリア時間を競うものとがあるのですが、どちらもタイムが凄いことになっています。どういうルートでどんなテクニックを駆使したのか動画で見てみたいところです。
ファミコンミニ レッキングクルー
ファミコンミニ レッキングクルー

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2004-05-21



黄金ハンマーの曲が大好き!と賛同してくれるような方々むけに、自作エディト面の紹介をしてみます。知らない人おいてけぼりですが、いつものことなので気にせずにいってみましょう。




一段しか無い、シンプルな面。ここまでシンプルだとやれることもシンプルなので、やり方が分からなくて悩むことはないでしょう。その分焦燥感が味わえます。




解法は大まかに分かるんだろうけど、簡単そうで意外にイヤだった記憶が。これのシリーズで、ハシゴをハシゴ壁にした面もあったけど、自分で作りなおしてみて上手い解法が見つからなかったので封印。
1
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM