Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > 書籍 > 絵本
1
ポスター

おいでよ!絵本ミュージアム2013


8月18日(日)まで開催してる、絵本ミュージアムに行きました。例年開催されてて前々から行ってみたかったのですが、今までは息子も小さいからと思って足を運ばずにいたんですが、最近は読み聞かせとかで絵本に興味をもってくれてるから、そろそろいいかな、って思って行ってきました。
わたしがあなたを選びました
わたしがあなたを選びました

鮫島 浩二
主婦の友社
単行本(ソフトカバー)




まみりんは妊娠してからも相変わらずとんでもない毒舌を吐いたりしてたんですが、その一方でやっぱり妊婦ならではの不調や落ち着かなさがあったみたいです。そんな時にこの本を見て元気づけられたということだったので、俺も書店に行って手にとってみました。

絵本にもいろいろあって、子供向けに特化したような絵本、大人も楽しめるような絵本、とタイプが色々あるかと思うんですが、これは完全に大人向けに描かれた絵本です。直接的な読者のターゲットは妊婦や夫の方々でしょう。とは言っても、子供が中高生くらいになった時に子供としての視点から読むと違った味わいもありそうな気がしますので、大人だけと言うのも語弊があるかもしれません。

わざとラフな感じの挿絵と、やさしげな言葉があいまって、妊娠や子育てで疲れた人々の気分を落ち着かせてくれる、そんな内容となっています。これから精神的にも体力的にももっと大変そうな事になりそうではありますが、気長に頑張っていこうという気分にしてもらいました。

ちなみに絵本は俺も買ってません(ええーっ!)。いやまぁ、またまみりんに落ち着きが無くなってきた時にプレゼントした方が効果的かな、って思って。
http://www.nintendo.co.jp/ds/ds_station/dl_service/

チーとフーのおいしいえほん

6月7日まで期間限定で無料でダウンロードできるソフトなのですが、これが実によく出来ていて感心しました。絵本が好きな俺としてはたまりません。

チーとフーのおいしいえほん

右下のページを実際にペンでめくると次のページが見れるんですが、この時の紙がめくれるかのような効果音がいい。実にいい。

チーとフーのおいしいえほん

紙で出来た絵本と違い、タッチペンで触ったり、まわしたり、マイクで声を出したり、とちょっとした操作があるのですが、これらが実に心地よくできています。画面上にいろいろなオブジェクトが並んでますが、これらをタッチしていろいろと反応を楽しめたりします。

10分くらいですぐ終わってしまう内容ではありますが、実際の紙の絵本も10分もかからずにスムーズに読めるものですしね、あまり気になりませんでした。ほどよい長さだったと思います。絵も話もほんわかしてて微笑ましくて、子供向けに普通にオススメできる内容ですね。まみりんは一度クリアした後、しばらくしてから「まだ電源切ってないよねー。もう一度遊ぶー」と俺のDSライトを奪っていくくらい、すっかりお気に入りのようです。

これが任天堂ゲームセミナーの受講生の作品、という点が凄いですね。様々な可能性を垣間見た気がしました。商品としてこのまま売るのは無理としても、将来的には Wii などを使って小額のダウンロードプレイが出来たりすると、大作志向ばかりでなく優れた発想の作品が生まれる土壌になるんじゃないでしょうか。その昔あったディスクシステムみたいに500円で新作が、といった形が今になって成功するんじゃないかと期待しちゃいますね。

今後も任天堂のこういった意欲的な試みから目が離せません。
Alice's Adventures in Wonderland
Alice's Adventures in Wonderland

Lewis CarrollRobert Sabuda
Little Simon
ハードカバー




6ページしかなくて洋書、ときたら普通は手に取る気もないとは思いますが、ながながと文章で説明しようとするよりも、本を開いた時の画像を見ていただいた方がいいでしょう。

最終ページ

センスオブワンダー!
花


藤村 信介、藤村 弘美
フーコー
大型本




意外に思われるかもしれませんが、僕は絵本が好きです。言葉を冗長に重ねられるよりは、シンプルに選び抜かれた言葉だけ、という方がいい。少なくとも僕には。

すぐに読めてしまうので、手元に置いておきたい、と思えるほど気に入らないと絵本好きなくせに絵本を買わない。そんな僕をすんなりレジに向かわせた珍しい作品です。

言葉が少ないどころか一文字も存在せず、絵だけでストーリーは進みます。音がするはずの場面でも、効果音すら書きこまれていない静寂さ。サイレント映画ならぬ、サイレント絵本。その心地よいセンスは格別です。
1
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM