» ArchiveListHome > Page.43
<< <... 40 41 42 43 44 45 > >>

2004年01月16日

小学2年の頃、学校の宿題で「毎日、日記を書いて提出してね」というのがあり、だいぶウザかったのを思いだしました。その日記が部屋から見つかり、読んでみるとかなり内容が謎。全然わからん。ヤヴァい。おもろいことは確かだが。てかあほ?と思うくらいでした。
とりあえず完全再現してみます。( )内の文字は読んだ俺の感想です。

二月七日
 ぼくは、きのうともだちとてれび(カタカナでと先生に注意されていた)をみて、
おわたら、(おわたら?)そとにでて百円でおいすをたべました。(おいす??)
 しのぶちゃんとゆう子(呼び捨てかよ)がなにかいるといってたらかおをみへなかっけど(?)きもちわるこった。(きもちわるこった笑)

で、このわけわからない文章に対して先生の感想がこう。
「なにがいたのかな?」

それに対しておれの回答。
「ねかだった」

……………。

ねか。

そう間違いない彼がみたのは「ねか」
決して「ねこ」ではない、今だ人類が認知できていない
幻の生命体。それが「ねか」

まだまだ、わけがわからんのがいっぱいありますが、
徐々に書いていこうと思います。

2004年01月15日

「ワタシを闘劇に連れてって」(古)中編
トーナメント表発表。
「ツムーン、俺らのチーム名なに?」
道中に考える予定が忘れていて、エントリーするときに思いついたのがこれ。
「強い!強すぎる!!ガハッ!!」
「負けてるやんw」と二人からするどいツッコミを入れられながら、
1回戦はあばれ塾のみなさんと対決。
お約束でジャンケンに負ける漏れ。(涙
後出しをとられたので、やはりここはREDにいってもらう。
いぶきvsヤン
終始、ダーメジをあたえるものの、いぶきもけっこうもらう。
ちょっとあぶなかったけど、勝利。
いぶきvsユン
槍雷だったので、これはもしや、いける。いや逆にやばい??
とか思ってましたが、いぶきの勝利。
いぶきvsユリアン
タイラントだったので、これはもしや、いける。いや逆にやばい??
とかあんまり思ってませんでしたが、いぶきの勝利。
RED3タテ。祝。ダメだしはあるもののよくやってくれました。
あばれ日記によるとその後、2フレで帰宅したそうです。w
ドット豪鬼は名古屋のヒロシダッドに殺されて終了。
南無〜。残念でした。
第2試合の相手は隆、ケン、ダッドリーで構成されたチーム。
Sにいってもらう。結果ユンの3タテ。乙。

第一の山場、少数派(ヒロちゃん、タケチさん、テツさん)
いぶきvsネクロ
いぶき勝利。
ネクロ強かった。おれだったらまず勝てなかっただろう。
いぶきvsオロ
オロ勝利。やっぱヒロちゃん強い。
REDの動きはわるくなかったのにな〜。残念。
次はおれがでることに。
レミーvsオロ
やられる展開がほとんどでしたが、粘り勝ちで倒す。運も味方した。
レミーvsいぶき
がんばって勝利。とにかく必死でした。
ついに念願の決勝戦まできた!!

つづく。

2004年01月14日

朝風樹
きびしく歌う声を聞き
パンチラ女子高生ハケンすれば
風光感じる冬の朝

(訳)
出勤の車中、強い風で木々が揺れる様と激しい音とで、
「もう週明けからめっちゃ寒いやん。ウザ〜」
と思っていると、信号待ちのときに、
自転車に乗った女子高生(国宝級)がナイスパンチラ(白)
したのを見れて「すばらしい景色だ。いやーやっぱ俺って生きていると実感する瞬間ですよね。いやマジで。
てか、女子高生は日本国の宝ですな〜。いやマジで。」
と思うダメサラリーマン(28)のうれし悲しい冬の朝の心情を詠った作品。

「ワタシを闘劇に連れてって」(古)前編
名古屋までは、REDとSでキャラ対策と人対策の会議をしながら、道中を楽しむ。
「福井には行きたくない。」二人声を揃えて言った。
うむ。今回で決めたいものだ。
で、名古屋駅到着。
カレッジまではタクシーで行くことに。
運転手のおっさんに地図を見せて料金どんなもんか聞いていると、
ばばあが割り込んできた。俺らが先に乗ることに気づくと、
やたら文句をおっしゃられるので、
「うっさい、ばばあ死ね!」と言ってみた。
運転手のおっさんはひいてました。
あと二人も。
カレッジに着いてからは、すこしのじる。
レバーの感じは若干の違和感があるものの1P2Pともにいけそう。
タケチさんとひさびさに会う。ヒロちゃんと同じチームみたいだ。
これは要注意。時間がたつにつれ、続々と人が集まってきた。
平井さん、コクジンさん、雪男さん。きましたたぶん決勝であたると思われるチーム。
ナガさん、梅門さん。どうやら1人いないようで、これでなんとかやれると思うチーム。
ヒロちゃん、タケチさん、テツさん。前にも述べた要注意チーム。
緊張が高まるなか、闘劇予選スタート!!(つづく)

2004年01月13日

1/5 仕事始め。
かなりてか最強にウザ。
会社のホール集合。
社長の年始の挨拶、つづけて年次経営計画書の説明を全社員で聞く。ウザ。
それがおわり、職場にもどる。
とりあえず、マック起動。
それにしてもウザ。
後輩の女(もちこ)と話す。
ツム「休みなにやってた?」
もちこ「冒険島(ファミコンショップ)でスペランカーやってきた」
   「死んだ音楽おわらんうちに、連続で2回も死んだ」
ツム「それは、スペランカーの醍醐味を楽しみましたな〜。」
二人「わはははは」
と、あほな会話で始まった2004年ですが、
みなさん今年も不定期ではありますが、
和歌山日記どうぞ、ごひいきに宜しくお願いします。

2004年01月12日

そいや、思い出のゲームですが、スーファミの
「ブラスナンバーズ」っていう格ゲーです。
俺のもちキャラはドラゴンマン(適当)
友達4人くらいでやったが、おれが圧勝。
てかドラゴンマン強キャラすぎ。
強さの秘密は、しっぽアタック(適当)
これがおそろしい技で、
下段のやられ判定がなくなり、
なおかつ中・上段のやられ判定がかなり後ろにあり、
攻撃判定が見た目よりもかなり前にでるため
それだけでほぼ相手は何もできなくなります。
皆いろいろと攻略をかんがえるが、
そんなのお構いなしに連勝につぐ連勝。
「おまいらでは、話にならんな。」
すると、1人の連れ(ささやん)が
「1週間かしてくれ。絶対お前を倒す」とかぬかす始末。
「好きにしろ。このザコキャラが!!」
で、1週間後。
みんなが見守る中、試合は始まった。
両者1本づつとってファイナルラウンド。
あと一撃でやられるぐらいにまで試合はもつれた。
ツム「1週間やりこんだだけはある。だがこれで終わりだ!!」
  「必殺!!しっぽアタックウーーー!!!!!」
ささやん「うおお!!!電光チョップ!!!」
刹那、しっぽアタックを貫き、電光チョップがヒット!!
ツム「こ、このおれ様が〜?!な、なに〜!!!!」
ささやん「悪は滅びるのだ!!」
実はこの電光チョップ、バーンナックルみたいな技なのだが、
発生した瞬間は上段無敵になるらしく、
これをずっと狙っていたらしい。
やられた。てかココロ折られました。
みんな一同に大喜び。
「みたか。ツムーン!!ざまあないなあ。あぁん??」
かなりくやしい思い出である。

2004年01月11日

12/29にモンテに行ったよ。
REDとドットと行ったよ。
S(遅刻)は最悪でした。ダメキャラでした。
ボスさんと対戦した。強い。でもおもしろかった。
ボスさんとみんな対戦したくて、あまりできなかったのは残念でした。
滅殺さんと対戦。これまた強い。ひさびさにやられた感を感じました。
でもおもしろかった。
この日のモンテはおもしろかった。かなり楽しみました。

12/30に岐阜に行ったよ。
REDとドットと行ったよ。
平井さんとやる。やっぱ強い。結果攻略できず。
ナガさんとやる。やっぱ強い。途中で話をした。
ナガさん「強くなりましたね」
ツム「マジっすか?ありがとうございます。」
ケン戦は俺なりに考えて遠征したので、この言葉はうれしかった。
このあと、ライバルヒロちゃんとやる。強くなってる!!
ヒロちゃん「やりかた(考えた)変えましたから」
くやしいが、負け越した。
岐阜の重鎮マチコ先生が来てなくて残念でした。
和歌山の重鎮ツムーン(28才)としては楽しみにしていたのですが。
このあと2onやら東西戦やらやって楽しみました。
岐阜勢のみなさん、静岡勢のみなさんお疲れさまでした。
ドットが椅子に座り、台にうつ伏せになって寝てました。
上からみんなの上着を山盛りに掛けられていたのが
「陰険なイジメ」を連想させ、笑えました。
それにしてもドットは頼りになる。
道に詳しすぎ。
方向オンチの俺には理解できません。
(なんばのゲーセンいくのに、なんばウォークを3回ループした男=つムーン)

2004年01月10日

どんどんがんばっちゃうよ〜。このやろ〜!!

「激闘劇にいってきました。」物語(無理)
結果ベスト8。平井ケンにボコられました。(3タテ)
つ、強い!強すぎる〜!!!ガハッ!!(ローレンスかよ)

途中、第2試合で先鋒のまことにドットとREDが負けてあわや3タテか?
「えっ、マジで??マジで?!マジで???」と
やすいスナックの女のようなトークになってしまい、
焦りましたが、大会初の逆3タテは正直気分がよかったです。(必死やったけどな)
ヨコヤマさんがマッチさんを倒してたのには、すげーって思いました。
前日にキャラ対策してたらしい。すばらしぃ〜☆

帰りの車の中で「打倒平井ケン!!」を3人で誓い、岐路に着きました。

2004年01月09日

いろいろな方から「日記まだ〜?」と言われつづけて、はや約2ヶ月。
申し訳ないです。あけましておめでとうございます。もう遅いわな。今年もよろしくってもう遅いわな。
書きたいことがたくさんありますが、とりあえずクーペ物語が終わらなければってことで…もう遅いわな。

「クーペ物語」完結編
決勝トーナメント第1試合は「dirtyさんは(略)」チーム。
ジャンケンに負けて、キャラ決めることに。
「おれいきます」とつムーンが口を開いた。
彼の目はだいぶおよいでいた。
たぶんヤヴァい。(本人談)
dirtyさんVSツムーン
結果2-1で負け。ヤヴァい。
次にSのユンが勝って、178さんに負けて、REDも178さんに負けて、
ドットが勝って、ぷれじさんにも勝って、あるかさんに負けて、
BHCユリアンが勝って、いよいよ大将戦。
そーまさんVSBHC。
BHC負けた。ヤヴァい。てかおわた。漏れの熱いなてゅ(夏)はおわた。
おれ以外みんなホントがんばってくれた。うれしかった。同時にくやしかった。
ヨコヤマさんのレミー見れてよかった。レミーのこと教えてほしいですな〜。
帰りにボスさんにあった。
ボスさん「年末大阪にいくのでその時に対戦しましょう」
ツム「よろしくお願いします!!」
楽しみである。
REDと帰りにホテルの近くの居酒屋に寄る。
残念会。
おれら二人仕事できなかったな〜。
でもかなり楽しかった。
疲れとアルコールが手伝いもうかなり眠い。
部屋にもどって、とりあえず、エロビデチャンネルをみてみると
「不知火 舞のコスプレギャルがやられてました」
ニヤっとほくそ笑んだ瞬間に即寝。
(やっぱホテル側の人読みはいってるって〜!!)
おはり。

2003年11月25日

スパルタンXに出てくる4面の虫にあたった時の音って、なんかいやです。

「くーぺ物語」中編 空から届いた物語っていい歌やね。
決戦当日。
俺らのチームは午後からなので、10時にホテルを出る。
ビートラ到着。午前の部を終了した人たちが出てきた。
ボスさんに話かける。
「どうでしたか?」
「4タテでした。」
すげー。けどボスさんは悔しそうでした。
近くのファミレスで昼食。
RXさんのチームが来店。
「どうでしたか?」
「決勝トーナメント出場です」
うむ、予想道理の答えが返ってきました。
RXさんのムービーや九州大会のビデオはほんま見てて
惚れ惚れします。カッコイイよな〜。
そうこうしている内に、午後の部スタート。
ビートラ内はすごい熱気と盛り上がりでテンション上がりまくり!!
相手チームも決まり、ゲームスタート。
先方を誰にするか作戦会議。
するとドットが「俺、いきます」
先方を嫌がっていたドットが自ら名乗りを上げた。
「よし、ほんじゃよろしく頼むわ!」
「はい。」
彼の目に迷いはなかった。
「いける」俺はこの時、確信した。
結果、なんと5タテ。スゴすぎる!!!
チーム内大喜び!!
で、次の試合もドットが先方でいってもらう。
結果、またもや5タテ。アンタ最高だよ!!!!
途中の豪鬼戦は滅殺の最後を赤ブロし0ドットから、中足滅殺。
相手の起き上がりに空刃ラッシュ!!相手はガードするので
いっぱいいっぱい。そしてついに空刃がヒットそこから、小足×n滅殺
でK.O!!すばらしい!!!!
結局ドットの独り舞台で決勝トーナメント進出。

つづく。

2003年11月24日

現時点でのキャラ対策指数(5で対策済み)

春麗-1(まだまだわかっていない。京都まで間にあうのかが疑問)

ユン-2.5(ようやく基本まで修得した感じ)

ケン-2(以前よりマシになりつつある)

まこと-1.5(経験値が少ないな。やばい)

ヤン-1.5(経験値が少ないな。要研究)

ユリアン-4(結構できてるかも。てか対戦してて楽しい相手)

ヒューゴ-1(無理。勝てない。あっ、基本は4です)

オロ-2(具体的にこれってやつがまだ確立されていない)

豪鬼-1(4のはずが今日でずいぶんと下がりました。てかわからされた)

ダッドリー-3(いろいろなバリエーションともっと覚える必要がある)

エレナ-1(これはヤバい。経験値が少なすぎ)

リュウ-3.5(どうなったらあかんかは理解できているけど、まだ途中)

アレックス-3.5(一応はできているが、もう1回調整が必要)

いぶき-3.5(人によって攻め方が違うが、狙いは同じなので冷静に対応)

ネクロ-3(なんとなくな感がある。考えなければ)

レミー-3(だいたいはできてる)

Q-4(復習が必要)

12-4(自信はある)

ショーン-1(全然してません)

指数が高いからと言ってダイヤとは全然関係ないです。
こういう場面はこうするみたいなのが確立されているのを数字で
表してみただけです。
自分の苦手なキャラ解りました。
<< <... 40 41 42 43 44 45 > >>
▲ Page Top